新型コロナウイルス陽性判定を受け、チームから離脱していたジョエル・エンビード(フィラデルフィア・セブンティシクサーズ)が、11月28日(現地時間27日、日付は以下同)のミネソタ・ティンバーウルブズ戦で復帰するようだ。『The Athletic』が報じている。

 今年で27歳の同選手は、今シーズン9試合の先発出場で1試合平均30.9分21.4得点9.6リバウンド、3ポイントシュート成功率はキャリア最高となる39.4パーセントを記録。だが、今月9日に新型コロナ陽性と判定され、戦列から離れていた。

 シクサーズは開幕10戦で8勝2敗と好成績を残していたが、エンビード離脱後は2勝6敗と急ブレーキ。復帰後はティンバーウルブズやオーランド・マジック、アトランタ・ホークスなど下位チームとの対戦が続くため、ここで勝ち星を稼ぎたいところだ。

【動画】エンビードの華麗なフットワーク&フィニッシュ集!