東京六大学野球 春季フレッシュリーグ 対早大

2017年4月9日(日)

明治神宮球場

今季から制度が一新され、リーグ戦方式で行われるフレッシュリーグ。一回戦となる今日は早大との試合。若き法大戦士たちが出場した。しかし投手陣が粘りをみせられず6失点。対する打撃陣も、投手陣を打ち崩せず初戦を飾ることはできなかった。

戦評

昨季の新人戦では優勝を果たした法大。今季からは「フレッシュリーグ」と装いを新たに、若き法大戦士たちが連覇を目指す。

記念すべき初戦は早大との試合となった。

前半は投手戦となった。法大の先発、磯川雄太(経2)は丁寧にコースを投げ分け、3回まで1安打無失点で早大打線を抑える。一方の早大先発の今西拓弥も法大打線を翻弄。こちらも危なげない投球で4回無安打という投球で打線に弾みをつけた。

試合が動いたのは4回裏、早大の攻撃。2番山田淳平が磯川の直球を完璧に捉え、左中間に2塁打を放つ。死球で類を埋めると、4番米田圭佑の初球、制球が狂いワイルドピッチとなり2,3塁としてチャンスを広げる。米田は4球目を上手く当て、右犠飛。磯川は先制点を許し、ここで降板となった。

2番手投手としてマウンドに上がったのは、リリーフ経験豊富の新井悠太朗(営2)。変わって最初の打者を難なく空振り三振に仕留めたものの、続く6番宮崎康太の5球目に、またしてもワイルドピッチ。相手に余計な1点を与えてしまう展開となった。

反撃したい法大は5回表、昨季リーグ戦でも経験を積んだ4番伊藤寛士(文2)が今西の球を真芯に捉え、左安を放つ。無死からの出塁で流れを作りたい法大打線は、続く5番羽根龍二(社1)も初球を中堅手の前に上手く落とす安打で得点圏に走者を置き、チャンスを拡大。さらには1,2塁の場面から6番西山翔真(法2)がストレートの四球で満塁にする。この上ないチャンスで7番永廣知紀(営1)が中堅に犠飛を放ち、1点を返すが後続が続かず、中々追いつくことができない。

法大の3番手投手は1年生投手の高田孝一(法1)。平塚学園出身の速球派ルーキーとして期待が集まる中でのマウンド。初回は安打を許し、得点圏に走者を進められるものの1番金子を見逃し三振でピンチをしのぐ。この流れで臨みたかった2イニング目。先頭から2者連続三振。前の回から3者連続と素晴らしい投球を見せるも、次の打者の三ゴロを三塁手の西山が一塁へ悪送球し、走者を出塁させてしまう。ここから突如、高田の投球が乱れだす。5,6番を連続四球で塁を埋めさせてしまい満塁のピンチ。7番長野に左翼線に打球を運ばれてしまい走者一掃のタイムリー2塁打を喫し、一挙3失点。最初は抑えていただけに次回への課題の残る投球となった。

その後7回から登板した1年生投手の水澤天(営1)は、ピンチを作るも併殺打でしのぎ1回を無失点。高氏祥太(文2)も1回を1安打無失点という投球を見せた。

早大先発の今西は5回を投げ、被安打2、3四死球、1失点の上々の投球でリリーフ陣につなぎ、2番手の藤井寛之、3番手の榎海人という継投に法大打線は沈黙。打った安打は得点の入った5回の2本のみ。ここぞで1発が出ず、課題が多く残った打撃陣だった。

フレッシュリーグは1時間50分からは次のイニングに進まないため、8回時間切れにより5-1で法大の敗戦となった。新人戦は経験を多く積むことのできる場である。次の試合では失敗も恐れることなく果敢に攻め抜き、選手一人一人の全力プレーを見せてほしいところだ。(岡崎祐平)

クローズアップ

水澤天(フレッシュリーグで頭角を現した技巧派左腕 リーグデビューなるか)

残念ながら敗戦となった法大だが、結果を残したルーキーの左腕がいる。水澤天(営1)だ。

4点ビハインドとなった七回裏に登板。一死満塁のピンチを迎えるも最後は遊併殺で切り抜けた。無失点という最高の結果を出したが、まだまだ満足をしてない。才能の高さがあるからこその感じることだろう。腕を上から強く振る球は決して速くないが、低めに制球され、ゴロを打たせる。そんな投球が持ち味だ。試合後のインタビューでは「打者の振りも強いが、早稲田の投手はコンディションが悪くてもストライク先行だった。」と相手の投手を観察する視野の広さもある。今はリーグ戦メンバーではないが今後どのような技巧派左腕となるのか。オープン戦のような好投が続けば、1年秋での登板もあるかもしれない。(藤原陸人=文)

選手インタビュー

伊藤寛士 捕手

ー今日の試合を振り返って

最初は、投手がしっかり投げてくれてたんですけど、途中からリズムが崩れたときにやっぱ捕手がどうやって投げさせてあげるかが大切だったと思うんですけど、自分が考えているようにうまくいかなかったので、そこが負けた原因なのかなと思います。

ー今日は暴投も多かったと思うのですが

反省点とかはこういう天気のなか試合をやっているので足下が悪いんですけど、それでもやっぱり止められるやつを止めてあげないといけなかったし、天気に左右されているようじゃダメだなあと思いました。

ーヒットも1本放ちましたが

打撃面の調子はいかがですかバットは振れてる方だと思うんですけどチャンスで1個三振してるので、どうやって追い込まれてから対応していくっていうのがまだ課題としてあります。

ー正直フレッシュリーグに出て、リーグ戦に出られていない心境は

リーグ戦外れてフレッシュリーグに出てるので、やっぱフレッシュでどんだけアピールして上にあがれるかっていうのが重要だと思うので、気持ちはリーグ戦と変わらずにとにかく上にあがるために必死にやってます。

ーこれからの目標は

とにかく個人的な目標は、上で出なきゃいけないと思うのでそのためにもフレッシュリーグに出て結果を出すっていうのが大事になってくると思うのでフレッシュリーグも一戦一戦大事にやって次からは負けないようにやっていかないといけないのかなあと思います。

札葉弘樹 外野手

ー今日の試合を振り返って

ピッチャーが最初は踏ん張って投げてくれていたので、最初のうちに点数をもっと取って助けてあげられるような試合をしていきたいです。

ー雨の中での試合でしたが、何か意識されたことは

打席ではそんなに感じなかったんですけど、ノックの時や守備の時は球足が速かったので、そこだけ気をつけてやっていました。

ー神宮の雰囲気はいかがでしたか

初めてプレーしたんですけど、特に緊張とかもなく自分としては楽しくできたのであとは勝てれば良かったなと思います。

ーご自身のアピールポイントは

自分はバッティングが持ち味というか自分の中で得意だと思っているので、そこでチームに貢献できればいいと思います。

ー次戦に向けての意気込みを

次の試合はもっとちゃんと打って、野手でピッチャーを助けて勝てるようにやっていきたいです。

磯川雄太 投手

ー今日の試合を振り返って

そんなにまとまってはいなかったですが、守備が助けてくれたので、なんとか試合は作れました。

ー意識したことは

テンポよく、どんどんストライク取っていくことです。

ーどんな投球でしたか

内容でいったらそんなによくないですけど、なんとか踏ん張れたかなという感じです。

ー神宮の雰囲気は

初めて投げたのですが、グラウンドとは違う威圧感がありました。

ーオープン戦との違いは

自分の気持ちぐらいですかね。

ー早大打線の印象は

相手がどこであれ、自分のピッチングができれば抑えられるかなと思います。

ーご自身の持ち味は

変化球を多く使って、どんどんと打ちとっていくところです。

ー次回以降への意気込み

もっとストライクとっていって、いい試合にできたらなと思います。

高田孝一 投手

-今日の試合を振り返って

神宮初登板だったんですけど、初回は何とかしのいで、初登板ということでランナー出してからリズムというのがとれなかったので、そこは反省点として次からは修正できるように頑張ります。

-先程言われたように神宮初登板でしたが、どのような気持ちで臨みましたか

良い意味で緊張せずに、リラックスして臨むことができました。

-途中二塁打を打たれ3失点しましたが、そこの大きな要因は何だと思いますか

2アウトを簡単にとった後のエラーで自分の気持ちが切れてしまったので、もっと気持ちの面で、精神面で成長出来るように、この4年間で頑張っていきたいです。

-今日見つかった課題はありますか

ランナーを出してから自分のリズムで投げることが出来なくなってしまうことです。それが課題です。

-そこをどう修正していきたいですか

まだフレッシュリーグは4試合あるので、もし投げさせていただけた場合、ランナー出してから周りに声を掛けるであったり、自分のリズムをとって、自分のペースをしっかり乱さずに投げたいです。

-ご自身の持ち味は何ですか

勝負どころでのコントロールであったり、気持ちの入ったボールが自分の持ち味だと思います。ランナー背負っても、気持ちは切らさず投げていきたいです。

-4年生に同じ平塚学園出身の熊谷選手がいらっしゃいますが、どのような先輩ですか

高校で被ってないので、大学で初めて同じチームでやるっていうことなんですけど、今の法政大学のエースなので、追い付いて追い越せるようにこの4年間頑張っていきます。

-今季の登板が今後もあると思われますが、目標をお願いします

まだ1年生なので、課題を潰してしっかり土台を作って、3、4年生に、上級生になってから自分のピッチングが出来るように、1、2年は土台を作る年だと思っているので、焦らずに自分の土台を作っていきたいと思います。

-次の試合に向けて意気込みをお願いします

今日はふがいないピッチングをしてしまったので、次の試合こそは抑えて、自分のピッチングでチームを勝利に導けたらと思います。

羽根龍二 外野手

ー今日の試合を振り返って

相手ピッチャーがどんどんストライクを集めてきて、バッターがどんどん振って振ってチームで勢いつけようってところでなかなか点数が取れなくて、相手に先制点を取られて、その裏にいい形でチャンスをつくれたんですけど、あと一本が出なくて負けたという感じでしたね。

ー五回にヒットを放ちました

前の打席で初球のまっすぐを見逃してしまって、三球三振という一番悪い形で終わってしまったので、まずその初球を寛士さんが打ったので、それに続こう続こうという思いで、初球を必ず振ろうと打席前に考えて、しっかり振り抜けたので良かったです。

ー初めての神宮球場は

西東京大会で自分は神宮を目指していたのですが、神宮入る前に惜しくもベスト16で負けてしまったので、憧れの舞台で、負けてしまったのですが、最初はちょっと緊張して三振とかしてしまったんですけど、楽しんでできて良かったです。

ー法大打線の課題は

バッティングもそうですし、守備でも何度かミスしてピッチャーを苦しめて負けてしまったという、どっちにも課題があると思うのでもっとフレッシュ、新人というのを活かして、思い切ったプレーをどんどんした方が結果もついてくるだろうと思いました。

ーご自身の持ち味は

長打力、バッティングですね

ー次に向けての意気込み

1打席目で結果を残すことができなかったので、1打席目から自分のスイングが出来るように、前もった準備を万全にして、必ず結果出せるように、頑張っていきたいです。

永廣知紀 内野手

ー今日の試合を振り返って

フレッシュリーグということで、僕を含め、1年生が経験をさせてもらったので、思い切って出来ました。2年生たちもノビノビできるようにしてくれました。ただ、勝てなかったのは悔しかったです。

ー犠牲フライで1打点をあげましたが

結果的には犠牲フライという形になったんですけど、きた球は甘かったですし、ヒットで大量得点に繋げたかったです。

ー初球打ちが多かったですが

積極的に行こうと思っていました。-ご自身の持ち味は中山(翔太)さんのような派手さはないんですけど、走攻守全部揃っているのが自分の持ち味だと思います。

ー神宮の雰囲気は

高校の時も神宮に来て試合をしたんですけど、大学はまた違う雰囲気があって、それを味わえて良かったです。

ー雨の中での試合でしたが

少しやりにくさはありました。ただ、いつもと変わらず試合に入っていけました。

ースタメン出場が決まったのは

朝です。神宮に来てから言われました。

ー今後に向けての意気込みを

今日は負けてしまったんですけど、次は自分も活躍して、チームが勝てるように頑張りたいです。

水澤天 投手

 -今日の試合を振り返って

0に抑えられて良かったですが、調子が悪いなかで立て直したかったですけど、内容がダメだったので、修正したいです。

-3安打打たれながら、最後は併殺で切り抜けましたが

野手が助けてくれて感謝してます。

-オープン戦を振り返って

オープン戦は自分が投げたいボールを投げていたが、今日みたいな試合でオープン戦のような投球が出来なくて悔しかったです。

-鴨川キャンプを振り返ってキャンプは

初めてでしたが、充実してました。

-高校の練習と大学の練習を比べてキツさはありますか

キツイというか練習が充実してて、質が高いなと思いました。

-フレッシュリーグ戦のメンバーに選ばれて

もちろん、リーグ戦に選ばれたかったですが、選ばれなくて、このリーグで悔しさを晴らそうと思ったんですけど、アピールが出来なくて残念です。

-でも結果無失点に抑えたことはアピールになったのでは

0に抑えたことは投手にとっては良いことなんですけど、内容が良くなくて課題が見つかったので修正したいです。

-その課題とは

変化球、特にカーブがかからなくて、真っ直ぐもコントロール出来なかったです。悪いコンディションのなかで自分のピッチングが出来ることが課題です。

-雨の影響はありましたか

影響しなかったといえば嘘になりますが、でもそれは言い訳には出来ないので、しっかり調整します。

-早大の印象は

しっかり振ってくるイメージがあります。相手の投手も悪いコンディションのなかで、ストライク先行で投げていました。そこは見習って次は自分たちが実践していきたいです。

-自分の投球スタイルや自信のあるところを教えて下さい

三振とか球速は速い方ではないので、低めに投げてゴロを打たせてとる投球を目標にしてるので、ストライク先行を意識して投げてます。

-今後の意気込みをお願いします

今日の反省をいかして同じ失敗をしないように次の試合では良い内容、結果が出るように頑張ります!

神宮のマウンドで躍動する磯川
札葉は好守を見せた
安打を放った伊藤士
1年生ながら主軸を任された羽根
高田の大学デビュー戦はほろ苦いものになった
登板した投手陣で唯一無失点だった水澤
遊撃を守った佐藤勇
5番手として登板した髙氏