今年の立教が目指す野球に、彼らはぴったりとあてはまる。チームのため、勝利のために彼らは神宮球場で暴れてくれるだろう。松崎(文3=横浜)と小野(文2=横浜)だ。学年こそ違うが、ともに名門・横浜高校出身の2人。彼らに、今季へかける思いをぶつけてもらった--。

小野大成(文2=横浜)

--大学1年目を振り返って頂けますか
卒業された4年生がスター選手ばかりだったので、その中で入ってやらせてもらっていたので、レベルの差を感じました。なんとか追いつけ追い越せと食らいつく感じでした。

--プロの扉をたたいた田中和(2017年度卒=現東北楽天)は同じ外野手

はい。たくさんアドバイスをもらいました。例えば、守備は打球が来てから反応するのではなく、打つ瞬間からどっちに足を切るなど、高度なレベルの話をいただきました。打撃でも、自分と同じスタイルの打撃だったので、いかに足を活かすかということだったので、生きる教科書という感じでとても参考になりました。

自らの練習方法について話す小野

--レベルの高い選手とする、大学の練習に慣れたか
正直に言うと、高校時代に比べたら楽です。高校は朝から晩まで練習するのですが、大学は午後だけとか午前だけだからです。個人で自主性を重んじるチームなので、強制的にやらされる高校とは違って楽に楽しく練習しています。


--自主性が重んじられる中で、何を意識して練習してきたか
バッティングが一番の課題なので、高校から続けているティーバッティングをずっと続けています。ボールの入った箱があるので、それを一日5箱は打っています。(--平田監督、渡辺監督に教えてもらった)はい、そうですね。林(文2=狭山ヶ丘)という捕手といつも打っています。

--昨秋に公式戦初出場。タテジマを着てプレーした感想は
緊張していたのであっという間に過ぎてしまって全く実感はなかったです。やはり春と比べて段階を追って、まずグラウンドに立って、という第一歩を踏み出せたのはうれしいなと感じたぐらいですね。

--高校の先輩でもある松崎先輩と再び同じユニフォームを着ることになった
本当に一番尊敬している先輩です。あの人がいたから立教に来ました。指定校推薦が横浜高校に一枠あるので、それを自分と松崎さんがとって来たのですが、松崎さんが入学した話を聞いて、元々尊敬している先輩だったので、ついていきたいなと思って、立教の話を聞いていいチームだなと思いました。(--立教にいきたいと思って来た)はい。松崎さんは信頼を周りから得られる人で。なぜかというと、面白い話を出来たり、見た目からして柔らかい感じで、裏表がないので、とても尊敬できる先輩です。野球もとても上手いですし。

--先輩が外野転向し、同ポジションで迎える今季。新チームの印象は
前の4年生がいた時とはガラッと変わって、前は個人の技量だけで勝てるチームだったのですが、主観的にみるとレベルが落ちるというか、より結束力が求められると思っています。熊谷(コ4=仙台育英)主将もそれを無理やりまとめようとはせず、自主性の中でそれを足し算していこうという感じなのでより結束力を感じます。

--外野の定位置争いは激化している中で、オープン戦では中翼での先発出場が目立った
任されることがあると感じていますが、自分は全てにおいて課題がいっぱいあって、一つずつつぶしてチームの優勝に貢献できるようにプレーしたいなと思います。例えば、バッティングだったら三振が多いし、守備だったら自分にしかアウトに出来ないところをアウトにする、走塁だったらもっと足を使って相手をひっかけまわすという明確な課題があるので、今はそこをつぶしていきたいと思います。

--盗塁へのこだわりはあるか
(--50㍍は何秒か)5.8秒です。熊谷主将や井上先輩(コ3=履正社)も盗塁が上手で、そういう上手い人から学んでいます。まだまだ自分は下手くそなので、一つでも盗塁出来たらなと思います。

--同期にライバルはいるか
高岡(済2=長崎西)という外野手で、キャンプまではAにいたのですが、今はBに落ちてしまった選手です。とても素質があるので彼には同期として負けてられないなと思います。


--今季の具体的な目標はありますか
個人的な目標は、今季は試合に出続けることですね。1年の秋少し出て、まだレギュラー争いをしている最中なので、具体的な数字は言えないです。

--最後に応援してくださるファンの皆さんに一言よろしくお願いいたします。
なかなか立教の優勝は見れない雰囲気だと思うので、それを見せられるように頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします!

「活気」と宣言した小野

--どうもありがとうございました!

小野大成(おの・たいせい)1997年4月7日 東京都生まれ。文学部2年。右投左打/外野手/横浜/172㌢70㌔

第4回は、笠松悠哉選手 (コ4=大阪桐蔭)、飯迫恵士選手(社3=神戸国際大附)です。お楽しみに!

(取材・入江萌乃、浅野光青、関根綾香/編集・川村健裕)