最終学年となった慶大誇るスラッガー、岩見雅紀(総4)選手。リーグ戦にかける思いも以前よりもより一層強いものがあるだろう。

そんな岩見にリーグ戦への目標や意気込みに加え、侍ジャパン大学代表選考合宿の感想や慶大のチーム状況について語ってもらった。

–最終学年になって意識の変化はありましたか

ありました。最終学年はこんな感じだったなと思い出しました。

–高校と大学での最終学年の違いはありますか

自分自身の成長は感じますね。高校の時“言われる事だけをやってればいい”という感じだったので。

–今年のチームの雰囲気は

やることをしっかりやって隙のないチームを作ろうという感じです。雰囲気はとてもいいですね。よい環境で野球に取り組めていると思います。プラスの方向に常に向けているのではないかと思います。

–チームとしてこの春でてきた1年生とか注目の選手は

ピッチャーの石井雄也(商2)です。

安心してみていられるピッチャーだと思います。安定感があって流れよく試合が進むので。

–野手で打てる選手や注目している選手はいますか

天野康大(環4)です。

–絶対的エースだった加藤拓也投手(現・広島)が抜けましたが、今年は打撃のチームと投手力で勝つチーム、どちらになるでしょうか

それは両方だと思います。どっちかっていうのは弱いチームですから、お互いがお互いを気遣いあって、打撃、守備とかだけじゃなく、全てにおいてレベルアップしていかないといけない。それはリーグ戦始まってもそうですね。総合力のチームというのがベストだと思います。

–打撃面では特にどういう点でレベルアップが必要だと思われますか

打率、勝負強さ、打点です。率がよくても勝負強くないバッターもいますし、率がよくても打点があがらない選手もいっぱいいるので。去年から言っていますが、打点は得点につながるので打点をあげる、というのは勝利に直結してくるところです。そういうチャンスの場面でいかに打つかを考えた時に、根本的にまず率をあげようと思ったので、そこは意識して練習していました。

–侍ジャパン大学代表最終選考の選出おめでとうございます。代表合宿で刺激になったことはありましたか

レベルの高い選手が全国から集まっているので何事も刺激になりました。ピッチャーと対戦してもリーグ戦で対戦するピッチャーもすごいですが、代表レベルになるとやっぱりすごいなと思いました。(代表合宿には)普段は、第一線で活躍している選手しかきてないので、全国にはすごい選手がいっぱいいるんだなというのを感じました。(その場に)いること自体が刺激でした。

–特に凄かった選手は

立命館大学の辰己涼介選手です。ポテンシャルの高さが化け物でした。全部においてすごいとしか思えなかったです。

–そういった選手たちがプロ野球に近い選手だと思いますが、ご自身のプロの世界に対する思いはいかがでしょう

プロ志望出すつもりなのでもちろん意識しています。

–今シーズンの個人の目標は

個人では三冠王です。でも、まずはチームの勝利が優先です。チームの目標としてリーグ戦優勝、早慶戦勝利、全国制覇っていうのがあるのでなによりもその3つを優先していきます。

–最後にリーグ戦への意気込みをお願いします

去年、2位に終わって悔しい思いをしたので今年はあれをやっていれば、あの場面で打てれば、そういった“タラレバ”をなくせるように取り組んでいきます。ラストシーズンなので悔いが残らないように、とにかく全力を出し切り、優勝したいです。

–お忙しい中ありがとうございました

取材:田中壱規、写真:鈴木優子