【スコア】
矢板中央 1-0 佐野日大

【得点者】
後半38分 1-0 藤野和哉(矢板中央)

全国高校サッカー選手権大会・栃木県大会決勝が13日に行われ、矢板中央と佐野日大が対戦した。

夏の総体予選決勝と同じ顔合わせとなったゲームは拮抗した試合展開となり、前半は両者無得点で折り返す。

試合が動いたのは終了間際の後半37分。矢板中央が左右の揺さぶりからゴール前にクロスを送ると混戦からチャンスに。ヘディングシュートをGKが懸命にかき出すもFW藤野和哉が押し込み待望の先制点。終了間際には佐野日大が反撃に出るも守護神藤井陽登を中心とした鉄壁の守備陣が1点を守りきり試合終了を迎えた。

矢板中央が県5連覇を達成し、県内最多となる12度目の選手権出場を決めた。