4月8日(土) 明治大学1回戦

平成29年度春季リーグ戦の開幕を告げる一戦、満を持して臨んだものの昨秋の明治神宮大会覇者・明治大学を倒すことはできなかった。先発の宮台(4年/湘南)は制球に苦しみ、4回まで三者凡退は一度だけではあったが、無失点で切り抜ける粘りのピッチング、対する明大・齊藤投手には5回まで無安打に抑えられ、対照的にスコアボードにゼロが並んだ。しかし5回裏、簡単に2死を取ったところから宮台が崩れ4連続四死球、押し出しで先制を許すと<東0-1明>、なおも満塁から明大・4番逢澤、5番越智に連続適時打を浴びさらに4失点、ここでノックアウトとなる<東0-5明>。反撃したい打線は直後の6回表、先頭の1番宇佐美(3年/桐朋)がチーム初安打で狼煙を上げると、続く2番竹中(3年/修道)が安打で繋ぎ、3番山田(4年/桐朋)が適時打、4番田口(4年/西大和学園)にも適時打が飛び出し、4連打で2点を返して齊藤投手をマウンドから下ろした<東2-5明>。さらに四球などで1死満塁とチャンスを広げるも、併殺で追加点はならず。その裏に2番手濵﨑(2年/鶴丸)が四球と牽制悪送球、さらに暴投で自ら招いたピンチで、明大・8番氷見にダメ押しの適時打を浴び流れをものにできず<東2-6明>。その後濵﨑は無失点に抑えたが、打線も明大・3番手外尾、4番手石毛両投手の前に沈黙。1イニングに泣いた悔しい敗戦となった。明日の2回戦に雪辱を懸ける。