序盤に猛攻を見せた明大が13対0と大勝。2連勝で勝ち点を獲得した。

2回表、6番・山本がリーグ戦初安打となる先制弾を放ち打線に火をつけると、3番・平塚にも適時打が飛び出してこの回4点を先取。続く3回に山本の2打席連続適時打など、8安打9得点、打者一巡の猛攻を仕掛け、一気に試合を決定づけた。

投げては先発・水野が5回無失点の快投。2番手以降は髙橋、石毛、三輪、庭田の継投で東大打線を完封した。

東大は4回以降、投手陣が踏ん張りを見せる。6回からマウンドに上がった4番手・川口が3回被安打0無失点、5番手・山下大も1回無失点と明治打線を抑え込むも、打線が奮起せず、完封負けとなった。