<明大・東大>5回2死満塁、明大・渋谷に押し出し四球を与え、三走・斉藤(左)の生還を許した東大先発・宮台


写真提供:スポーツニッポン

 

★宮台「自滅してしまった」(東京大vs明治大1回戦)

東京大 000002000=2
明治大 00005100X=6
【東】●宮台、浜崎—森田、三鍋
【明】◯齊藤、伊勢、外尾、石毛—氷見

 東大が宮台康平投手(4年・湘南)、明大が齊藤大将投手(4年・桐蔭学園)の先発で始まった開幕戦。序盤は両者ともに走者を出すが、今秋のドラフト上位候補左腕に挙がる両者がその名に違わぬ投球やマウンドさばきを見せて、4回までゼロ行進が続いた。
 齊藤に比べ、やや制球を乱す場面も多かった宮台は、4回2死一、三塁の場面を牽制球で一塁走者を刺すなどし、なんとか無失点で切り抜けていた。だが、5回に4連続四死球で先制点を与えてしまうと、明大の4番・逢澤崚介外野手(3年・関西)と5番・越智達矢外野手(3年・丹原)にそれぞれ2点タイムリーを浴び、5失点。ここでマウンドを降りた。
 一方、明大の齊藤は5回までは四球を出しながらも無安打投球を続けていたが、6回に4連打を浴びて2失点でマウンドを降りるなど納得のいく投球はできず、各球団スカウトたちは「両投手とも良いボールと悪いボールの差がはっきりしていた」と口を揃えた。
 それでも投手層の厚い明治大は、3番手・外尾和也投手(3年・佐賀西)が打者8人を無安打1四球に抑え、最終回は新人左腕の石毛力斗投手(1年・健大高崎)が3人で締め、逃げ切った。

◎明治大・善波達也監督
「齊藤は6回に球威が落ち、ストライクも集めすぎていましたね。それをマウンドへ伝えに行ったのですが、その後も修正できませんでした。今日は打線が4番・5番と上手く繋がってくれました。(抑えの新人)石毛は期待している投手の1人。そんなに長いイニングは投げさせないと思いますが、勝ちゲームの中で抑えてくれる投手だと思っています」

◎東京大・浜田一志監督
「非常に悔しいです。宮台は調子が悪くなかったのですが気負いすぎてしましました。勝ち点を穫れるレベルには達してきているので、勝ち点獲得と最下位脱出を目標にこれからも戦っていきます」

◎宮台康平投手(4年・湘南)
「不甲斐ない結果です。4回までは我慢して投げられていたのですが、5回に自滅してしまいました。明日も明後日も、行けと言われれば行きます。(肩に負担のかからない)新しいフォームになったので、これからビデオを見て、チェックポイントを確認します」

文:高木遊