明大が5回に一挙5点を奪い、東大の反撃を退け6対2で開幕戦に勝利。リーグ戦3連覇に向け好発進した。

0対0で迎えた5回裏、明大は二死満塁から途中出場の3番・渋谷が押し出しの四球を選び先制。さらに4番・逢澤、5番・越智の連続適時打で追加点を挙げる。6回裏には無死三塁から8番・氷見のリーグ戦初安打・初打点となる適時打でリードを広げる。投げては6回途中から登板した3番手・外尾が一死満塁のピンチを併殺で切り抜ける好救援。その後も無失点に抑えリーグ戦初登板で躍動した。

一方、東大は5回まで明大先発・齋藤に対し無安打に抑えられるが、6回表に無死一二塁と好機を作り3番・山田、4番・田口の連続適時打で2点を返す。先発・宮台は4回まで無失点と好投を見せるも、5回につかまり無念の途中降板となった。

勝った明大は明日の試合で勝ち点獲得を狙う。一方、東大は明日勝利し、3回戦に持ち込みたい。