J1セレッソ大坂の元日本代表MF乾貴士がプレミアム音声サービス「NowVoice(ナウボイス)」を更新。JリーグYBCルヴァンカップ決勝での敗戦を振り返った。

■「悔しいけど、前に。」の音声は【こちら】から。

10月30日に行われたルヴァンカップの決勝。4年ぶり二度目の優勝に王手をかけたセレッソは名古屋グランパスと対戦したが、名古屋の鉄壁の守備を崩せずノーゴール。逆に後半に2点を失って0-2で敗れた。

この試合にフル出場し、惜しくも優勝を逃した乾は「ほんまに悔しい」と心境をストレートに語った。
最終盤に突入するリーグ戦に向けて「しっかりやっていきたい」としつつも「やっぱりもう悔しくて、なかなか切り替えもできない」と声を沈ませる。
しかし、チームをまとめるベテランとして「若手選手を引っ張っていく意味でも、切り替えてやりたい」と、代表として数々の大舞台を経験してきたメンタルの強さを見せた。

その後は声に張りを取り戻し、「この借りを返したい。来年もう一回決勝の舞台に立って、優勝したいなと思います」と闘争心を燃やす。
最後はサポーターに向けて「頑張って前に進みたい。これからもまだまだ応援よろしくお願いします」と呼びかけ、投稿を締め括った。

■「NowVoice」について
「NowVoice」は、世の中に強い影響力を持つ、アスリートをはじめとした各界のトップランナーの音声が、月額980円(税込)で聴き放題となる定額制のプレミアム音声サービスです。トップランナーの「声」は、何気ない一言でもヒトの人生を変える力があります。トップランナーたちの本音の「声」を直接ユーザーに届けることで、人生をより楽しく、元気に、幸せにする「きっかけ」の創出を目指しています。

サービスURL:https://voice.nowdo.net