とにかく自然体──市和歌山の小園健太と松川虎生のふたりのやりとりを見るたび、いつもそう思う。中学1年の時からバッテリーを組んでいるのだから当然かもしれないが、このふたりには「大親友」「絆の深いバッテリー」という言葉だけでは表せない強い結びつきを感じるのだ。



ともにドラフト1位で指名された市和歌山の小園健太(写真左)と松川虎生

 ふたりの出会いは中学1年の春。小園が所属していた貝塚ヤングに松川が体験入部に来た時だった。当時の第一印象を小園が明かしてくれた。

「あの頃から今みたいに体が大きくて、何も話さなかったら怖い雰囲気があるんですけど、話すと声がものすごく高かった(笑)。時間が経ってだんだん自分に絡んでくるようになったのですが、中学時代はふたりで出かけることはほとんどなかったですし、今のほうが仲はいいんじゃないですかね」

 市和歌山に入学するにあたり、松川が小園に声をかけたことが最大の決め手になったという話は有名だが、じつは小園のなかでは早い段階で市和歌山へ進学する意思はほぼ固まっていたといいう。

 そうして同じ門をくぐ潜ると、入学直後に開幕した春の県大会ではともにベンチ入りを果たす。だが、すぐにバッテリーを組んだわけではなかった。

 小園は背番号18で、松川は背番号5。先輩捕手がいたこともあり、松川は打撃を買われて内野手として登録されていた。

 松川は初戦の串本古座戦に代打で出場すると、いきなり適時打を放つ活躍。そして小園もリリーフ登板するなど、ともに華々しく公式戦デビューを飾った。

「あの試合は......自分はブルペンから(松川の打席を)見ていたのですが、タイムリーを打った時はすごく興奮してしまいました」

 以降、松川は1年生ながら4番に座り、夏の県大会は準々決勝で敗れたが、直後の新チームから再びバッテリーを組むようになった。

 市和歌山は毎日朝練があり、選手たちは始発で通学し、部室で朝食をとってから練習が始まるのだが、その部室ではいつも小園が松川にちょっかいをかけていたという。

「いつも健太がちょっかいをかけてくるんです。ホント、いろんなことを仕掛けてくるんですよ」

 そう話す松川の表情は嫌がるどころか笑顔である。そんな松川について、小園はこう語る。

「虎生は今まで怒っているところを見せたことがないんです。いつも優しいし、誰かにきつく当たるところも見たことがありません」

 もともと極度の人見知りだった小園は環境に慣れるのに時間がかかり、幼い頃は人と距離を置くこともあった。ふたりが出会った当初も、どちらかといえば松川から小園に近寄ることが多かったが、今では小園から声をかけ、松川をいじることも多いという。

 ただ、グラウンドでは逆だ。今春のセンバツでの県岐阜商戦、3回に無死一、二塁のピンチを招くと、松川はすぐさまマウンドに向かい、小園の肩を抱き、声をかけた。この時、小園は極度の緊張状態に陥っていたという。

「センバツは甲子園練習や開会式がなく、あの試合がぶっつけ本番で......球場の雰囲気に一気に飲まれてしまったんです。今まで緊張したことがなかったので、自分でもどうしようかと思っていたんです」

 5回終了時のグラウンド整備時も、ベンチで松川が小園の肩をほぐし、リラックスさせることに努めていた。そんな松川の支えがあったからこそ、小園はここまで成長を遂げたと言っても過言ではない。

 半田真一監督は以前こんなことを話していた。

「(昨年秋から)小園を大きく取り上げていただき、それはすごくありがたいことなのですが、今の小園があるのは松川の存在が大きかったから。だから松川も大きく取り上げられてもおかしくない選手だと思うんです。小園もそう思っているんじゃないですかね」

 松川の存在について、小園は次のように語る。

「虎生がいるから思いき切り腕を振れるし、変化球を投げられる。ストッピング技術も高いですし、本当に安心して投げられる。あれほどのキャッチャーはいないと思います」

 昨年の春、松川が小園に"サプライズ"を仕掛けたことがあった。週末に小園の家に泊まりに行った時のこと。ちょうど、小園の17歳の誕生日が近かったこともあり、ケーキを持参した。ワンホールのケーキには「バッテリー5年目」というプレートまで添えられてあったという。

「あれはビックリしました。ものすごく感動しました」

 バッテリー6年目の今年、センバツには出場したが、最後の夏は和歌山大会決勝でライバルの智辯和歌山に敗れた。高校野球を終えて、夏休みもほぼ毎日学校で練習を重ねてきたが、一緒に夏休みをと取った時期があった。2人ふたりは小園の母方の実家にある宮崎に、2泊3日で旅行に出かけたのだ。

「向こうでぶどう狩り、梨狩りに行きました。日南の鵜戸神宮にも行ってきました。3日間、ずっと天気はよくなかったのですが、楽しかったです」(小園)

 その時に撮影した動画には、白い袋に包まれた梨に触れ、おそるおそるもぎってうれしそうに笑う松川が映っていた。そんな相棒を撮影する小園の笑い声もかすかに響く。小園の母・優佳さんが明かす。

「うちの母からは『恋人同士みたいにずっと一緒にいたよ』って言われました」

 今秋のドラフトで小園はDeNA、松川はロッテから1位指名を受けた。同じ学校からバッテリーで1位指名されるのは史上初の快挙だった。

 帽子のツバに「ニコイチ」と書き合ったふたりは、プロの世界ではライバルとなる。松川は「健太の一番いいアウトコースのストレートを打席で見てみたい。対戦するのはすごく楽しみ。健太は状況を見て試合をつくれるピッチャーだと思いますし、いずれは日本を代表するピッチャーになると思います」とエールを送れば、小園は「中学の時、初めて打球を見た時からレベルが違うと思いました。プロではホームラン王を獲れる選手になると思います」と称えた。

 当たり前のように一緒にいた相棒とともに過ごす時間もあとわずかだ。少しずつ寂しさを実感していくのかもしれないが、小園は「離れていても連絡は取とれますし、そこは大丈夫です」と気丈に語った。

 いつも自然体で"ニコイチ"で歩んできた高校野球からプロの世界へ。今後、ふたりがどんな活躍を見せてくれるのか、今から楽しみでならない。