3連覇へ欠かせない右腕だ。水野匡貴投手(農4=静岡)は昨秋後半からベンチに入れず、秋のリーグ優勝、日本一の瞬間をスタンドから見ることしかできなかった。今季こそ投手陣の軸となるべくオフシーズンに下半身強化を図るなど着実に力をつけてきた。ラストイヤーを迎え、闘志を燃やす水野にお話を伺った。(この取材は3月18日に行われたものです)

--現在の調子はいかがでしょうか

自分の投げている球は全然良くないんですけど、ここから約3週間弱あるので上げていけるようにやっていきたいです。(うまくいってないのは)真っすぐの質というか伸びだったり、キレだったりがうまくいっていないですね。それが走ってきたらハマってくるんじゃないかなと思います。変化球は良くなっています。特にスライダーですね。

--オープン戦にも多く登板されています

まだゲーム感というのが全然なくて、少し周りを見て試合の流れとかを敏感に感じ取れるようにしないといけないなと思います。試合中監督からアドバイスを頂いて、少しずつハマりだしているところともあります。(具体的なアドバイスは)下半身の意識がなくなってきているので、下半身の意識をちゃんと持つようにしています。

--この冬はどのようなことを取り組まれてきましたか

下半身強化で、走り込みとトレーニング、体幹部分はもちろん鍛えてきました。去年の冬もジムに通っていたんですけど、種類の違ったジムに行くようにはしました。(新しいジムは)筋トレではないですけど、筋トレに近いようなものですね。ただ体重を増やすのではなく、ウエイト中心に体重を増やしました。(変化は)まだ投げ方がまだハマっていないですけど、練習中ではハマっている球とかあるので、そういうのを見たときに良くなっていると思います。投げ方を特に変えようとは思っていないです。下半身主導の意識でやっていますね。(冬季特別トレーニングで教わった)ツーシームは今もやっています。前も投げていたことはあるんですけど、いまいちコツを掴めていなくて。鹿取さん(義隆氏・昭和54文卒)に教えて頂いたら結構わかりやすくて、うまく投げられたので、その感覚を覚えられるようにやっています。あとは左手のグローブの使い方、リリースの際に体の外に流れるのではなくて、体の前で止めてというところも教えていただきました。

--今年は西日本遠征もありました

自分の力がまだまだ弱いというか、足りないなというのを実感しました。練習自体もほとんどできていませんでした。ピッチャーは走ることだったり、体幹トレーニングだったり自分の時間も多く取れたのでそれなりにできたと思うんですけど、野手は大変だったのかなと思います。

--昨季はどのようなシーズンでしたか

チーム自体リーグ優勝して、日本一になったんですけど、それに関して自分は何も貢献できなかった、全然できなかったという悔しさ、もどかしさがすごくあって。ラスト自分たちの代になるんで、絶対結果を残してやろうって感じですね。(先発へのこだわり)今の段階では先発とかどうこう考えている状況じゃないので、とにかく与えられたポジションをしっかりオープン戦でこなせるようにやっていくだけです。

--昨年の4年生はどのようなものを残してくれたでしょうか

柳さん(裕也選手・平29政経卒・現中日ドラゴンズ)とか星さん(知弥選手・平29政経卒・現東京ヤクルトスワローズ)とかもリーグ戦の試合の時に気持ちの入り方とか、投げる姿勢っていうんですかね。強気のピッチングをしていたので、すごいそれは自分の中で印象的ですね。自分の性格的に考え過ぎてしまうってことがあるので、そこがもっと自分でコントロールしていかないとなって感じですね。

--今年はラストイヤーです

自分より上手いピッチャーが多い中で自分は全然結果を出せず、足を引っ張っている状態なので、ラストシーズン、4年生ということでもっと自分の気持ちを出していろんな面で引っ張っていけるようにしたいです。(変化は)自分なりには個人の練習、私生活、寮生活でも意識しているんですけど、まだまだなのでもっと高い意識を持ってやっていきたいですね。

--今季の目標をお願いします

もちろんリーグ3連覇です。個人としては優勝に貢献できるように。どんな形でもいいので優勝に貢献できるようにすることですね。数字出せるくらい1シーズン通してできていないので具体的な数字は難しいですけど、自分が投げる試合は全部勝つ。それだけです。昨年の4年生が2連覇という形でバトンタッチしていただいたので、3連覇して日本一になれるようがんばります

--ありがとうございました

◆水野匡貴 みずのまさき 農4 静岡高出 183㎝・82㎏ 投手 右投右打

[浜崎結衣=文]