-土をこよなく愛する男たちー

お茶や平等院のあることで有名な宇治市の隣、京都府城陽市。市内のあちこちには歴史的建設物や古墳があり、京都市へのアクセスもよい場所です。この城陽市には、閑静な住宅街から少し歩いたところに、こんな場所があります。

城陽市の13%にあたる広大なこの場所は、砂利の採取地なのだそう(普段は公開されていません)。
現在は採取のピークを過ぎ、跡地をどのように有効利用できるか、地元の方々が考えているところ。この場所を使って、モータースポーツで城陽を盛り上げよう!と、城陽商工会議所の青年部の皆さんが企画されたのが、Joyo Super Jump Extremeというイベントです。2017年3月5日、2015年に続いて2回目が開催されました。

今回は、モンテカルロ・ラリーでの優勝経験があり、全日本ラリー選手権で何度も優勝している奴田原文雄選手と、地元京都・城陽から全日本ラリー選手権に参戦している福永修選手の2名による同乗走行体験、トライアル国際A級の小川友幸選手によるデモンストレーション、釘村孝太選手、渡辺元樹選手、酒井強吏選手、鈴木耕太選手、小田安孝選手、若林祐哉選手ら6名のライダーによるFMXデモンストレーションが行われました。

Joyo Super Jump Extreme 2017

二輪・四輪のオフロードモータースポーツの日本の第一人者たちが、京都府城陽市に一堂に会するという新機軸のイベント。
第1回の開催では1,500人の来場者が集まり、迫力ある走行を目の前で体感!
第2回である今回は、EXILEのオープニングアクトでお馴染みの二輪スーパージャンパー釘村孝太などが新たに参戦し、パフォーマンスも大幅アップ!
主催:城陽商工会議所青年部