16日、「2021-22 Yogibo WEリーグ」第6節の3試合が行われた。

4連勝中の三菱重工浦和レッズレディースはサンフレッチェ広島レジーナをホームに迎えた。序盤からセットプレーを含めて猛攻を仕掛けるが、先手を取ったのは広島レジーナ。14分、古巣対戦となる木﨑あおいを起点に斜めのパスがつながり、中嶋淑乃、川島はるなと渡ると、最後はスルーパスを受けた谷口木乃実がペナルティアークから左足のフィニッシュ。初先発の起用に応え、見事なシュートを右隅に沈めた。

ビハインドを負った浦和レディースは25分、裏へ抜け出した菅澤優衣香がループで狙うが、GK木稲瑠那のファインセーブに阻まれる。それでも39分、相手のビルドアップのミスを突き、GK木稲のパスを猶本光がダイレクトで菅澤へ。今度はきっちりとループを沈め、試合を振り出しに戻した。

同点で迎えた後半は浦和レディースがペースを握る。66分には中盤でボールをカットすると、安藤梢が長い距離を持ち運び、ボックス手前から右足のシュート。これは枠の右へ外れた。チャンスを作り出せない広島レジーナは68分に、川島に代わって齋原みず稀を投入。すぐさま、ミドルを放って後半最初のシュートを記録すると、中村伸監督は中嶋を下げて山口千尋を送り出し、勝負に出る。

すると、同点で迎えた後半アディショナルタイムに途中出場選手が結果を残す。広島レジーナは左サイドでスローインを得ると、山口が深い位置で受けて近賀ゆかりへ。近賀の縦パスは相手に当たってディフレクションするも、ボックス手前で齋原が反応。ボールの側面をなめるようなトラップからノーステップで右足を振り抜き、鮮やかなコントロールショットを右隅に沈めた。

これが決勝点となり、猛攻に耐えながらも少ないチャンスを生かした広島レジーナが劇的な勝利。浦和レディースは今季初黒を喫した。

今季初勝利を目指すジェフユナイテッド市原・千葉レディースはアウェイでAC長野パルセイロ・レディースと対戦した。今節は今井裕里奈をボランチに置き、鴨川実歩を一列前で起用した猿澤真治。立ち上がりの3分にはその鴨川の縦パスを田中真理子が落とし、大澤春花がボックス手前から今季初ゴールを沈めて千葉レディースが先制に成功する。17分にも鴨川がボックスに侵入して右足のフィニッシュ。押し気味にゲームを進めた。

[3-4-2-1]のミラーゲームに持ち込んだ長野レディースだったが、攻め手を欠いて後手に回る。流れを変えるべく前半のうちにカードを切ると、投入された直後に泊志穂がすぐさまシュート。さらに、中貝夢のクロスが市瀬千里に当たり、主審はPKの判定を下す。だが、ここは副審からの進言でノーハンドのジャッジに変更された。

事なきを得た千葉レディースはリードを保って後半を迎えると、60分には鴨川がドリブル突破からクロスバー直撃のミドルシュート。迎えた68分にはGKがこぼしたボールを安齋結花がつなぎ、ボックス手前右から大澤が再び沈めて2点差に。終盤の長野レディースの反撃も耐えしのぎ、このままタイプアップ。今季初白星を手にした。

味の素フィールド西が丘では日テレ・東京ヴェルディベレーザとちふれASエルフェン埼玉が激突。今季まだ勝利のないエルフェン埼玉はU-19日本女子代表候補トレーニングキャンプに参加した吉田莉胡がベンチからのスタート。前節の[4-3-3]から[4-4-2]に変更して臨んだ。25分に中村ゆしかのゴールで幸先よく先制点を奪ったが、以降は相手の猛攻を浴びることに。

追い掛ける東京Vベレーザ35分に北村菜々美の今季初得点で追い付くと、2分後にはパスワークで中央を崩して木下桃香が逆転弾を決めた。リードして折り返した後半もホームチームは攻め手を緩めず、左サイドでボールを受けた北村がカットインから2人をかわして右足のシュート。右隅に沈めて2点差とすると、後半のアディショナルタイムにも遠藤純のマイナスのパスから17歳、大山愛笑がミドルを沈めて勝負あり。東京Vベレーザが4-1でエルフェン埼玉を下している。

◆Yogibo WEリーグ 第6節

10/16(土)

三菱重工浦和レッズレディース 1-2 サンフレッチェ広島レジーナ

AC長野パルセイロ・レディース 0-2 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース

日テレ・東京ヴェルディベレーザ 4-1 ちふれASエルフェン埼玉

10/17(日)

INAC神戸レオネッサ vs ノジマステラ神奈川相模原

アルビレックス新潟レディース vs マイナビ仙台レディース

WE ACTION DAY(今節試合なし)

大宮アルディージャVENTUS

◆順位表(10/16 終了時)

勝ち点(試合数/勝/分/負/得失点)

1.INAC神戸レオネッサ 12(4/4/0/0/+10)

2.三菱重工浦和レッズレディース 12(5/4/0/1/+7)

3.日テレ・東京ヴェルディベレーザ 10(6/3/1/2/+6)

4.マイナビ仙台レディース 9(5/2/3/0/+5)

5.サンフレッチェ広島レジーナ 7(6/2/1/3/-3)

6.アルビレックス新潟レディース 5(4/1/2/1/-1)

7.ノジマステラ神奈川相模原 5(4/1/2/1/-1)

8.ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 5(5/1/2/2/-3)

9.AC長野パルセイロ・レディース 5(6/1/2/3/-4)

10.大宮アルディージャVENTUS 5(5/1/2/2/-5)

11.ちふれASエルフェン埼玉 1(6/0/1/5/-11)