いよいよ10月16日より第23回Wリーグが開幕する。東京オリンピックや女子アジアカップに出場した選手をはじめ、それぞれが頂点を目指して挑む新シーズン。バスケットボールキングでは全13チームの注目選手にインタビューを行った。

 第9回は東京羽田ヴィッキーズの奥田花。昨シーズンに続いてキャプテンを務めるオールラウンダーだ。今シーズンはシュート力アップに取り組み、チームとしても昨シーズン果たせなかったプレーオフ進出を目指す。

――まずはじめに、昨シーズンを振り返ってください。

奥田 昨シーズンは、プレーオフに行けなかったことが一番悔しくて、個人としてもチームが良くない時にもっとプレーで引っ張ることができたら良かったなという後悔が残っています。

――プレーでのパフォーマンスはどう感じていますか?

奥田 開幕の時が一番良くて、シーズンの終盤になるにつれて、得点が下がってしまったので、そこは課題になりました。

――それを踏まえた上で今シーズン個人的に取り組んでいることはありますか?

奥田 今シーズンは萩原(美樹子)コーチからも3ポイントシュートを積極的に打つようにと言われていて、個人的にもシュートはどんどん狙っていきたいと思っています。昨シーズンに比べて疲れてきた時間帯でのシュート確率は上がってきたかなと思うので、試合の後半も自信を持って打っていきたいです。

――シュートフォームを変えたなどはありますか?

奥田 フォームに関しては萩原ヘッドコーチや佐藤(謙介)アシスタントコーチとも相談しながらやっていますが、シュートが入っているので、微調整はありますが、そこまで大きく変えてはいないです。トレーニングも多くやってきたので、それでシュートにブレがなくなったのかなと感じます。

――今シーズン、チームとしてはどんなバスケットを見せたいですか?

奥田 昨シーズンと変わったところでいうと、昨シーズンはオフェンスでのルールがあまりなく、いい意味で自由にやることはできました。ただ、その裏返しでどこがダメでうまくいかなかったのかということがハッキリしないこともありました。今シーズンは自由な中にも少し決まり事を作っていて、プレーはしやすくなったと思います。最初はなかなか難しくて慣れなかったけれど、段々とそのルールが体に染み付いてきたというか、自然な流れでできるようになっています。

――本橋菜子選手が東京オリンピックを終えて合流。開幕を間近に控えたチームの雰囲気は?

奥田 ナコさん(本橋)が日本代表活動から戻ってきましたが、日本代表の高いレベルをナコさんはチームに還元してくれます。例えば練習でも小さいことにこだわるといったような、一つ一つのプレーを大切にすることをナコさんが伝えてくれるので、自分たちの練習のレベル、質も上がっていると実感しています。

――今シーズンもキャプテンです。

奥田 昨シーズンは自分自身の成績、プレーでは納得のいく結果ではなかったのですが、声を出すこと、みんな引っ張るということは意識してできました。今シーズンはチームが苦しい時間帯にプレーでも救えるようにということは意識しています。

――シーズンへの意気込みとファンへのメッセージをお願いします。

奥田 今シーズン、個人としては3ポイントシュートなどで得点にからみながらチームを引っ張っていきたいです。チームでは、昨シーズン果たせなかったプレーオフ進出を目指して一試合一試合戦っていきますので、応援よろしくお願いします。

“匂い”を変えてリフレッシュ

 昨シーズンに続いてキャプテンを務める奥田。その責任感からか、「(家でも)バスケットのことを考えると夢に出てきて、疲れて起きることもあります(笑)」と言う。そのため、今シーズン、オンとオフとの切り替えとして見つけたリフレッシュ方法が”匂い”。「オフの日はシャンプーや香水を変えたり、部屋でアロマキャンドルをたいたりして”オフ”を感じるようにしています」(奥田)

 アロマキャンドルをたいている時は「あまり考え事をせず、ぼーっとしている」とのこと。また、チームのサプライヤーでもある株式会社ヴェレダ・ジャパンのシャンプーは「本当にリフレッシュできます」とオンとオフで使い分けに大活躍しているようだ。


取材・文=田島早苗

AUTUMN CUP2021 ~highlight