本拠地でのレッズ戦に「4番・一塁」でスタメン出場

■パイレーツ 6ー5 レッズ(日本時間15日・ピッツバーグ)

 パイレーツの筒香嘉智外野手は14日(日本時間15日)、2本の適時打を放ちチームの勝利に貢献した。本拠地でのレッズ戦に「4番・一塁」でスタメン出場すると、初回の第1打席で先制の適時打。さらに5回の第3打席でも適時打を放ち、4打数2安打2打点と活躍した。パイレーツも6-5で勝利した。

 初回1死一、二塁で打席に立った筒香は右前へと適時打を放ち、先制点を生み出した。3回の打席は右飛に倒れたが、5回に再びチャンスで打席へ。無死一、二塁から、二塁寄りに守備シフトをとっていた遊撃手の逆をつく痛烈なゴロでレフト前へと運び、この日2本目の適時打とした。

 7回の第4打席は中飛に終わり、この日は4打数2安打2打点。初回の先制打が決勝打となり、6日(同7日)のタイガース戦以来、出場5試合ぶりのマルチ安打だった。(Full-Count編集部)