メドベデフ、早くも来季2大会の出場が決定

9月14日、「ABNアムロ世界テニス・トーナメント」(オランダ・ロッテルダム/ATP500)は、来年大会にUSオープンでグランドスラム初優勝を果たしたダニール・メドベデフ(ロシア/世界ランク2位)の出場が決まったことを発表した。

【動画】3度目のグランドスラム決勝で初制覇を成し遂げたメドベデフ 決勝ハイライト

トーナメント・ディレクターのリチャード・クライチェク氏は「メドベデフは、USオープンを制したことでトップへの最後の一歩を踏み出した。彼が再びロッテルダムにやってくることを発表できるのは特別なことだ。USオープン決勝は始まる前から歴史的な試合となった。彼が最初から最後まで非常に高いレベルでプレーを続けているのを見て感動した。来年大会で彼の活躍を見るのを楽しみだ」とコメント。例年、2月に行われている今大会だが、今年はシーズン開幕が遅れたため3月に開催となり、無観客で行われた。来年大会は2月5日から13日まで開催される予定となっている。

今年最後のグランドスラムとなったUSオープンでメドベデフは、第2シードとして順当に勝ち上がり決勝に進出。その決勝では、年間グランドスラムと歴代最多21度目のグランドスラム制覇を狙った世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)を6-4、6-4、6-4で下し、グランドスラム初優勝を果たした。メドベデフにとって3度目のグランドスラム決勝だった。

また、同日にはウィンブルドン前哨戦として毎年6月に行われる「ノベンティ・オープン」(ドイツ・ハレ/ATP500)の出場も明らかになっている。