打撃三冠を視野に入れるゲレーロJr.の長所は…

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、打者として現在44本塁打。ホームラン王争いの最中にあるが、最大のライバルとなっているのはブルージェイズのブラディミール・ゲレーロJr.内野手だ。13日(日本時間14日)のレイズ戦で45号を放ち、大谷を1本リード。今季は打撃三冠を狙える位置にもいるが、同僚の投手は意外な面での成長を指摘している。

 今季は打率.318、本塁打45で現在二冠。打点も103で、トップのアブレイユ(107打点)を射程圏内としている。22歳にして凄まじい打撃センスを発揮しているが、同僚投手のロビー・レイは、意外にも守備に注目しているようだ。

 米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のアナリスト、ベン・バーランダー氏のポッドキャスト番組「フリッピンバッズ・ポッドキャスト」公式ツイッターは、ベン氏がレイにインタビューする映像を公開している。

 動画内で、ベン氏は「(ゲレーロJr.の)去年と今年の違いはなんですか? 惑星最強の打者になって帰ってきた気がするんですが」と質問。レイは「見ていて本当にアメージングだ。打球音は他とは違う音がする」と語った。

 MLB公式サイトによると、ゲレーロJr.は身長188センチ、体重113キロと大柄だ。しかしレイは「オフのトレーニングで減量したことが1番だろう。動きが良くなった。打撃だけでなく、一塁の守備も素晴らしくなった」と身軽になったことで守備にも好影響が生まれていると言及。「疑うことのないレベルで、一塁付近での動きが軽やかになった。そしてグラブさばきが上手くなったね」と評価していた。(THE ANSWER編集部)