身体感覚と音表現をシンクロさせ、新たな音楽カルチャーをつくる『MOTION SONIC PROJECT』

ソニー株式会社は、テクノロジーを駆使して今までにない新たな音楽体験を創造する「MOTION SONIC PROJECT」を展開。
本プロジェクトが目指しているのは「身体感覚と音表現の完全なシンクロ」。
マイクと6軸センサーなどを組み合わせ、動作の軌道や緩急、揺らぎなどの情報を高精度に取得し、「カラダの動きを音に変える」「カラダの動きで音楽を操る」という2つの体験を生みだすアイテムを開発することで、新たな音楽カルチャーの創造に挑戦している。
本プロジェクトには、以前当メディアでも紹介した世界を獲ったダブルダッチユニット“REG-STYLE”も参加し、彼らならではのスタイリッシュかつアクロバティックなパフォーマンスで「カラダから音が出る」アイテムの魅力を披露している。

MOTION SONIC PROJECTについて

テクノロジーを駆使して今までにない新たな音楽体験を創造する「MOTION SONIC PROJECT」。本プロジェクトは、「身体の動きによって、誰もが自由に音を奏でられるようになれば、どんな新しい遊びや文化がThまれるだろう」というソニーの若手エンジニアの想いから発足いたしました。
「人と音の関係をリデザイン する」をコンセプトに、新進気鋭のアーティストらを巻き込むオープンイノベーションの形式で開発を進めています。マイクと6軸センサーなどを組み合わせたアイテムで、動作の軌道や緩急、揺らぎなどの情報を高精度に取得し、「カラダの動きを音に変える」「カラダの動きで音楽を操る」という、2つの体験を生みだします。