文部科学大臣杯JA共済トーナメント第55回全日本選手権大会の準決勝と決勝が、7月24日に長野県営上田野球場で行われました。
決勝戦は宝塚リーグ(関西1)と深谷市リーグ(北関東)の対戦となりました。
4-4の同点で迎えた6回に代打・守谷君のライト線へのタイムリーツーベースで宝塚リーグが勝ち越しに成功。さらに谷口君のタイムリーヒットと中園君の満塁ホームランでこの回一挙6点。最後は島末君が締めて、宝塚リーグが10回目の出場で初優勝を果たしました。

◆ 全日本リトルリーグ野球選手権 決勝 宝塚リーグ vs 深谷市リーグ

宝塚リーグ  121 006 =10
深谷市リーグ 202 000 =4

【宝塚】中園、西田、島末ー菅
【深谷市】大久保、高橋ー小林

本塁打:中園(宝塚)