「RUN for X」は、2021年、アシックスが掲げる新たなブランドメッセージ。「走ろう。新しい自分が待っている」というステートメントのもと、人それぞれが走る目的「X」を見つけ、そのために走ることで、新しい自分の発見につながる。という想いが込められている。

今回は2016〜2018年に3連覇を成し遂げた“黄金時代”に不動のリードオフマンとして活躍し現在も選手会長としてチームを引っ張り続ける広島東洋カープの田中広輔選手を取材。

田中広輔選手は今回、“RUN for THE TEAM”と記し、「選手会長をやらせてもらって、チームがよくなるためにやることが大切だと思っています」とコメント。チームのまとめ役を担う彼ならではの言葉だが、類い稀なメンタリティーや技術力はどのように磨かれてきたのか?

「緊張することはいいこと」。自分の持つ力を発揮できた時の自信、失敗からさらなる練習を重ね、成長を実感できた自身の経験による台詞だ。さらに、「父がすごく厳しかった」という田中家では、道具に対しても熱心な教育があったと明かしてくれた。

積極果敢な盗塁や失点を未然に防ぐ守備力が最大の持ち味だ。そんなチームの勝利に直結する重要なプレーを支えているのが”道具”の存在である。特にスパイクに関しては田中広輔選手が「これで盗塁王を獲りました」と絶賛するほど。その田中選手のスパイクの機能が踏襲された「GOLDSTAGE I-PRO MA」は「疾走と堅守」守備走塁でスピードを追求するプレイヤーにおすすめの逸品だ。

▼田中広輔選手連動モデルはこちら