3月5日(日)、夜9時30分からラジオNIKKEI第1で放送される『藤島大の楕円球にみる夢』のゲストは、サンウルブズに今季新加入したプロップ、山路泰生選手!  31歳で日本代表に初選出され、昨秋のジョージア代表戦で念願の初テストキャップを獲得した。先月32歳の誕生日を迎え、スーパーラグビーデビューも目指す“オールドルーキー”の魅力に迫る。
 山路選手はキヤノンイーグルスに所属し、2016-17シーズンのトップリーグでは全15試合に出場(12試合先発)。その活躍はジェイミー・ジョセフ日本代表ヘッドコーチの目に留まり、秋のヨーロッパ遠征で代表デビューのチャンスをつかんだ。そして、ジョージア代表のFW「重戦車」と組んで、スクラムに目覚めたという。新たな高みを目指すきっかけを得て、今度は南半球の強豪と競うスーパーラグビーにチャレンジする。
 東京・上野生まれ、7人兄弟の末っ子。カトリック神父を目指していた子ども時代から、現在までを語る。長崎南山高校、神奈川大学卒。スーパーラグビーのシーズン始動にあたり、目標を聞く。

◆番組の聴き方: ラジオNIKKEIは、「radiko.jp」のサービスを利用して、パソコンやスマートフォンでも全国無料で放送を聴ける。スマ—トフォン用にはアプリがある。なお、ラジオNIKKEIは、短波放送が受信可能なラジオ受信機でも全国で聴ける。3月6日午後には、ポッドキャストとオンデマンドで特別版を配信する。なお、12日の夜9時30分からは再放送もある。
◆番組サイト http://www.radionikkei.jp/rugby-radio/