男子テニスのメルセデス・カップ(ドイツ/シュトゥットガルト、芝、ATP250)は10日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク47位のM・チリッチ(クロアチア)が第5シードのN・バシラシヴィリ(ジョージア)を6-3, 6-2のストレートで破り、2015年以来6年ぶり2度目のベスト8進出を果たした。
>>チチパスvsズベレフ 1ポイント速報<<
>>ジョコvsナダル 1ポイント速報<<
チリッチはこの試合、19本のサービスエースを決めるなどファーストサービスが入ったときに100パーセントの確率でポイントを獲得。バシラシヴィリに1度もブレークを許さないプレーを披露する。リターンゲームでは3度のブレークに成功し、わずか57分で勝利した。
今シーズン、チリッチは2月のシンガポール・テニス・オープン(シンガポール/シンガポール、室内ハード、ATP250)と5月のミレニアム・エストリル・オープン(ポルトガル/エストリル、 レッドクレー、ATP250)でベスト4に進出している。
準々決勝では、第1シードのD・シャポバロフ(カナダ)と世界ランク62位のF・ロペス(スペイン)のどちらかと対戦する。
同日には、第3シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)、第4シードのA・デ ミノー(オーストラリア)、第6シードのU・アンベール(フランス)が準々決勝へ駒を進めた。一方で、第2シードのH・フルカチュ(ポーランド)は18歳のDS・ストリッカー(スイス)に敗れて2回戦で姿を消している。
[PR] 全仏オープンテニス
5/30(日)~6/13(日)
WOWOWで連日生中継!

■放送&配信スケジュールはこちら>