ヤクルト投手陣&守備陣が、DeNAの主砲・筒香嘉智のバットを完全に封じ込めた。

この日の練習試合。ヤクルトの先発・石川雅規は初回2死1塁の場面で筒香を打席に迎えると、変化球、ストレートで簡単に追い込むと、最後はスライダーで空振り三振。アウトコースいっぱいからボールゾーンに逃げて行く得意の球で打球を前に飛ばさせなかった。さらにその後に登板した館山昌平、小川泰弘の2人も筒香から空振り三振を奪って見せた。
3打数3三振、無安打で迎えた第4打席。このままでは終われない筒香は鋭いスイングから強烈なライナー性の打球を三遊間に放った。しかし、打球はサード・廣岡大志の正面。1歩も動かずに捕球し、通常ならレフト前ヒットとなる当たりをアウトにして見せた。

実はこの打席に限らず、ヤクルト内野陣は筒香を打席に迎えるとサードは三遊間後方に、ショートは二塁ベースに寄る“筒香シフト”を敷いていた。
三木肇ヘッドコーチによると「ずっとやっていて打球が飛ぶ方向はわかっている。(シフトは)去年からやってていいバッターであそこに飛ぶ確率が高いからね。飛ぶ確率の高いところに守るのがポジショニング。守備位置が変わって視界も変わるので準備は必要ですけど、確率の問題なので今後も必要があればそういうことをやっていきたい」とご満悦。
シーズン開幕後も筒香の打席&ヤクルト守備陣に注目だ。