対外試合が本格化する中、中日の森繁和監督は今季の攻撃について、簡単にアウトを献上する送りバントは使わない方針を固めている。

「今はとにかく走る、足絡みのことは出てくる。俺に盗塁やエンドランは無いだろうとは思わないでくれ、と言ってある」

韓国・起亜との練習試合。2点リードで迎えた6回の攻撃では、四球で出塁した先頭の京田陽太が盗塁を決めると、2死後に石岡諒太がセンター前へタイムリー。欲しかった追加点をワンヒットで奪いリードを3点に広げた。
さらに9回にも先頭の溝脇隼人が四球で出塁しすかさず盗塁を決めて無死のまま得点圏に走者を進めると、再び石岡が2打席連続のタイムリー。さらにその石岡も続く遠藤一星の2球目にスタート。投球は高めに外れたストレートだったが石岡は余裕を持って2塁に到達。そこから遠藤の意表を突くセーフティバントなどで無死2、3塁とし、内野ゴロの間にしぶとく1点を追加した。

「うまく塁に出た時にヒットが出た。それも1点を取れる状態にあったから」と試合後の森監督。6回以降は3安打で3得点。この攻めを継続するのか、シーズンへの“撒き餌”なのかは定かではないが、偵察に訪れた他球団のスコアラーに印象付けたことは間違いない。練習試合、オープン戦は単なる若手のアピールの場ではなく水面下の戦いはすでに始まっている。