文武両道の裏側 第1回
東京ヤクルトスワローズ 宮台康平投手

 文武両道――。「文」=「勉学」と、「武」=「スポーツ」の両方に秀でたこと、あるいは人物を指す言葉だ。

 近年、こうした「文」と「武」を両立する「文武両道アスリート」が注目されるようになった一方、世の中ではまだまだ「二兎を追う者は一兎をも得ず」というイメージが根強い。なかには「文武両道=両方に秀でた天才だけが実践できる特異な例」と考える人も少なくないだろう。

 だからこそSportiva編集部は、「文武両道アスリート」に直撃してみようと思った。

 彼ら、彼女らにとって、文武両道とは一体何なのか? 「文」と「武」を両立することにどんな意味があるのか? 実際どのように文武両道を実践してきたのか?

 そんな疑問に迫る連載企画「文武両道の裏側」。第1回は、東京大学法学部を卒業し、現在はプロ野球・東京ヤクルトスワローズに所属する宮台康平投手にインタビュー。進学校の野球部時代や現役東大合格のエピソード、一軍に向けた思いについて語ってもらった。



一軍登板に向けて奮闘するプロ4年目の宮台康平

 東京六大学時代、東京大学野球部のエースとして、4年間で38試合に登板、6勝13敗の成績を残した宮台康平。

 大学3年時には日米大学野球選手権の日本代表に選出され、2017年のプロ野球ドラフト会議で北海道日本ハムファイターズから7位指名を受け、東大から6人目のプロ野球選手になった。

 まさに、本連載企画の第1回にふさわしい、「文武両道アスリート」の最高峰とも言えるが、宮台自身はそう呼ばれることに、あまり納得はしていないようだった。

「僕が最高峰だとはまったく思いません。なにせ、プロで4年やってきて、1回しか一軍で投げられていないので......」

 宮台の一軍のマウンドでの初先発初登板は、2018年8月23日の福岡ソフトバンクホークス戦。5回途中4安打6四死球2失点で、勝敗はつかなかったものの、翌日には一軍登録を抹消されてしまう。

 続く2019、2020年は一軍に昇格できず、昨シーズン終了後、北海道日本ハムファイターズから戦力外通告を受け、トライアウトに参加。この時の好投で東京ヤクルトスワローズが獲得に動き、今シーズンに至る。

「プロではこれまで経験してきた以上の高い壁に直面しています。もう25歳ですし、これ以上体は大きくならない。そのなかで、試行錯誤しながら、やれることをやっていければと。今は挑戦する立場なので、その意味では、『文武両道』の途中だと思っています」

 とはいえ、宮台の軌跡を振り返ると、「文武両道」を貫いてきたことがわかる。小1で『ハリー・ポッター』を読破し、小4で野球をはじめた。以降、宮台にとって、「文」と「武」は、やっていて同じような感覚を味わえるものだった。

「小さい頃から、何かにコツコツ打ち込むことが好きだったんです。家の近くの塾にも通っていましたが、中学受験に特化したような塾ではなく、あくまで学校の勉強のサポートという位置づけ。勉強は学校がメインでしたね。野球も、あまり体が大きくなかったこともあって、トップレベルを目指すという意識は薄かった。地元の中学に進めばまた友達と一緒に野球ができる、小学生の時はそれぐらいしか考えてなかったと思います」

 公立中学に入学後、野球部に入部。中2から高校受験を見据えて、地元の進学塾「中萬学院」に通い、勉強の精度を上げていく。

 秀でた学業成績を残すなか、当時の宮台にはひとつだけ「5」が取れなかった教科があった。

「技術・家庭科です。受験科目での不得意はなかったんですが、オール5ではなかったので、9教科の評定は44くらいだったかなと」

 そして、高校受験時に、さらに勉強と野球を両立したいという思いで選んだのが、神奈川県立湘南高校だ。

「勉強で開成や学芸大附属高校に行けるほどでもなく、野球で私立の強豪校に入れるほどでもなかった僕にとって、湘南高校はベストな環境でした。進学校ながら、魅力的な野球を見せていた川村(靖)監督のもとでやりたいという思いもありましたね」

 この湘南高校だが、神奈川県内、いや、全国でも名が通る有数の「文武両道」の公立高校である。毎年、東京大学をはじめ、早稲田、慶應といった難関大に多数の合格者を輩出しながら、野球部やサッカー部、フェンシング部、水泳部などの運動部も盛ん。特に宮台が目指した野球部は、1949年の夏の甲子園で初出場初優勝の快挙を成し遂げた古豪だ。

「湘南に入って、ビックリしました。本当にみんな頭がいいなって。同級生に聞きましたもん、『家でどういうふうに過ごしているの?』『普段どうやって勉強しているの?』って(笑)」

 それは、宮台が入部した野球部のチームメイトにも当てはまることだった。

「みんな勉強にも部活にも本当に一生懸命でした。全力でやっているからこそ、勉強と野球で優れた人の"すごさ"がわかる。みんなライバルで、お手本でもあって、尊敬もできる仲間だったので、文武の両立を目指す人がひとりじゃなかったというのは大きかったですね」

 そうした環境下で、「文」と「武」の両立が一番大変だと感じたのは、高3の時だった。

「受験もあって、夏の大会もある。どちらかに絞れないもどかしさはありました。当時、野球部は、部員を2チームにわけて、朝練を交互に(1日おきに)やっていました。そのなかで、朝練がある時は野球、朝練がない時は、朝練と同じ時間に学校に行って勉強と、生活リズムを変えずに、メリハリをつけて集中したのがよかったと思います」

 迎えた夏の甲子園の神奈川県代表を決める、高校最後の地区予選。湘南高校は3回戦で敗退し、宮台の甲子園という目標はここで断たれることになるが、次の日には気持ちをスパッと切り替えた。

「甲子園に行けなかった悔しい気持ちはありました。だからこそ、大学の高いレベルでもう一度野球をやりたいと思った。けれど、六大学だと東大以外でレギュラーになるのは難しいと考えて、東大がいいんじゃないかなと。浪人することになっても仕方ないと思っていましたが、『湘南にいるんだから、頑張れば現役でいけるんじゃないか』という根拠のない自信もありました」

 しかし、ここで宮台に、東大現役合格の最大の"壁"が立ちはだかる。それが湘南高校の体育祭だった。

 今年で100周年を迎える湘南高校で、卒業したOB・OGが集えば必ずと言っていいほど話題になるのが、この体育祭。全学年がクラス別の縦割りの「色」にわかれて、3年生のリーダー(総務長)のもと、優勝を目指す。なかでも最大のイベントが、大道具、小道具を使いながら、ダンスやマスゲーム的な動きで壮大な表現力を競う「仮装」であり、湘南高校にはこの「仮装」の準備に燃えれば燃えるほど浪人するというジンクスがあるのだ(ちなみに、高3時の宮台は5組で茶色とのこと)。

「たしかに、体育祭の仮装に力を入れすぎると、現役で大学に落ちると言われていました(笑)。多くの生徒が1学期からずっと準備していたなか、僕が本格的に取り組んだのは7月の野球部引退以降。夏休みを含めた9月までの短期間でしたが、それはもう、100パーセントで取り組みましたよ(笑)」

 勉強にも野球にも、さらには学校行事である体育祭の「仮装」にも、一個一個、メリハリをつけて、100パーセントで集中してきた宮台。ついには体育祭の「仮装」のジンクスをも打ち破り、見事、東京大学文科Ⅰ類(法学部)に現役合格を果たした。

 こうして、東大野球部に入部。東大での文武両道は、湘南高校の延長で、やることはあまり変わらなかったそうだ。

「何より、勉強も野球も好きなんです。わかるようになって、うまくなるのが楽しい。まわりからはストイックだと言われることもありましたが、自分では当たり前のこと。習慣になっていたのかなと。

 自分がプロ野球選手になれたのは、東大に入って六大学で活躍できたから。そうやって逆算して考えてみると、勉強があったからこそ、選択肢も広がったと思います」

 宮台は、「文武両道とは『手段』である」とも言う。つまり、勉強も運動も両立していくことで、選択肢が増えていき、自分に向いているものが見えやすくなるのだ。

「勉強と運動を両立させている小中高生に伝えたいことは、両方とも自分で課題をもって頑張る点は同じということですね。違うのは、課題を解決するために、体を使うか、頭を使うかだけ。やっていることは本質的には一緒ですから」

 最後に、現在の課題を聞くと、宮台は迷いなく、はっきりと答えた。

「極めてシンプルです。強い真っすぐと、打ちにくい変化球を自在に投げられるピッチャーになりたい」

 東大で「文」を体現した宮台は、プロ野球の世界で「武」の極みを追求している。