■早稲田大vs法政大2回戦
早大 100 000 000=1
法大 001 000 40X=5
【早】●西垣、森田直、山下-岩本
【法】○山下輝、古屋敷-大柿、舟生
本塁打:法大・齊藤大《7回3ラン》

◎法政大・加藤重雄監督
「山下がこれまでも良かったんですが、今季1番良かったというぐらいのピッチングをしてくれた。うちの投手陣には優秀な人材が揃っていますけど。その中でも三浦との左右の二枚看板。もう少し楽に勝てると思っていたが、今日は待望の今季初勝利。打つ方でも二刀流で頑張ってくれた。(チーム全体として)ヒットは出ていたのでどこかで繋がるだろうと思っていた。ホームランというのは大きいですね。今日はうちの理想の展開。こういう試合ができれば今後も期待できる」

◎法政大・山下輝(4年・木更津総合)
「前の2試合よりも今日はいいピッチングができた。初回に点を取られましたけど、それ以降はランナーを出してからも粘れたのが良かった。今日は気持ちを全面に出して投げた。真っ直ぐとカットボールが良かった。(2安打の)バッティングはたまたまですね。ここから全勝して秋に繋げたい」

◎法政大・齊藤大輝(3年・横浜)
「今日はどうしても山下さんに勝ち星を付けたいという思いで打席に入りました。2対1だったので、あと1点あれば山下さんが抑えてくれると、後ろに繋げようと思っていました。インコース真っ直ぐにはっていた。完璧でした」

◎早稲田大・小宮山悟監督
「(負傷交代した)蛭間が心配ですね。(外野)フェンスにぶつかって着地した時に左ひざを内側に捻った。救急車で運ばれたところまでしか見てないけど、ひょっとしたら靭帯が切れているかも知れない。離脱は仕方ないですね。(試合は)西垣に申し訳ないことをした。7回表の攻撃で代打を送ると伝えていたのが、併殺で打席が回って来なかった。そこで集中力が切れてしまったかも知れない。序盤から丁寧に投げていた。自分の調子が良くない中、味方の守備に助けられた部分はあったにせよ、あそこまで投げられたことは良かった。評価したい。(打線は)良い形で1本出れば勢い付いて良い流れになるんですけど、その1本がなかなか出ない。これから何とかしないといけない」