■早稲田大vs立教大
早大 101 011 000=4
立大 000 300 20X=5
【早】西垣、森田直、●田中星、徳山-岩本
【立】池田陽、野口、石元、栗尾、○宮-黒岩
本塁打:立教大・宮﨑《4回3ラン》

◎立教大・溝口智成監督
「流れ的にも内容的にも、完全に負けてもおかしくない内容で進んでいたので、結果的によく5対4で勝ったなというのが正直な感想です。(2アウトから得点できる)要因を挙げるのであれば、選手たちが一打席一打席を無駄にしないで、その場その場の役割を全うしようという気持ちが繋がってるんだと思います。(首位浮上について)2カード終わったばかりなので、全ての言葉に集約されるのはいろんな意味で謙虚にやって行きたいと思います。今日もバントが決まらなかったり、取れるアウトを取っていないのが全部で4つぐらいありますので、それをちゃんとやっていかないと難しいリーグだと痛感しているので、謙虚にやっていきます」

◎立教大・東怜央(4年・福岡大大濠)
「前の打席も2アウトから回してくれたのですが、打てなかったので『次こそは』という気持ちで打席に入りました。打ったのはストレートです。待っていなかったですが、チャンスなので甘い球は一球で仕留めるつもりで打席に入っていました」

◎立教大・宮海土(3年・國學院栃木)
「リードされていましたが、野手陣なら絶対に逆転してくれると思っていたのでこれ以上点差を広げられないように3人で打ち取って、バッティングにいい流れを持って来られるように意識していました。去年よりも自分の意図した中で、ストレートで空振りやファールを取れてカウントを有利に進められていると思います」

◎早稲田大・小宮山悟監督
「3つ目のアウトが思うように取れないというところで、気が抜けたわけではないんでしょうけど残念です。西垣は2アウトを取って気が抜けたわけではないのだろうけど、イニングを閉める3詰めのアウトを真剣に取らないといけないということが勉強になったんじゃないですかね」