4月25日、東京六大学野球春季リーグの第3週2日目が行われ、第2試合は立大が連日の二桁安打と打線がつながり、5対4で早大に逆転勝ちした。

決勝打を打つ立大・東

一時逆転となる3ランを打った立大・宮﨑

 立大は2点を追う4回、2死無走者から連打でチャンスを広げると、7番・宮﨑仁斗(3年・大阪桐蔭)がレフトスタンドへ逆転となる3ランを叩き込み試合をひっくり返す。その直後に同点とされ、次の回に勝ち越しを許すが、7回に再び2死無走者から四球とヒットで2死一、三塁と好機を広げると東怜央(4年・福岡大大濠)に右中間を破る2点タイムリー二塁打が飛び出し、5対4と逆転に成功する。

7回から救援した宮海土(3年・國學院栃木)は気迫のこもったピッチングで早大打者陣を寄せ付けず。一人の走者も許さずに3回5奪三振の快投で立大が逃げ切った。

パーフェクト救援で勝利投手になった立大・宮

 早大は先発した西垣雅矢(4年・報徳学園)が立ち上がりから4者連続三振を記録する上々の立ち上がりを見せたが、4回に2死無走者から崩れるなど、5回7安打3失点と乱れた。また3番手の田中星流(3年・仙台育英)も2死無走者から失点を喫し、あと1アウトに泣いた試合となった。

攻撃陣は初回、蛭間拓哉(3年・浦和学院)の犠飛で先制し、3回には1死一、二塁から丸山壮史(4年・広陵)のタイムリーで追加点を挙げた。逆転されて迎えた5回には敵失で同点とし、6回には2死二塁から中川卓也(3年・大阪桐蔭)のタイムリーで勝ち越すなど、再三リードを奪うが粘り切れなかった。

立大は開幕戦に引き分けた後3連勝とし、勝ち点3.5で首位に立った。

■早稲田大vs立教大
早大 101 011 000=4
立大 000 300 20X=5
【早】西垣、森田直、●田中星、徳山-岩本
【立】池田陽、野口、石元、栗尾、○宮-黒岩
本塁打:立教大・宮﨑《4回3ラン》

◎立教大・溝口智成監督
「流れ的にも内容的にも、完全に負けてもおかしくない内容で進んでいたので、結果的によく5対4で勝ったなというのが正直な感想です。(2アウトから得点できる)要因を挙げるのであれば、選手たちが一打席一打席を無駄にしないで、その場その場の役割を全うしようという気持ちが繋がってるんだと思います。(首位浮上について)2カード終わったばかりなので、全ての言葉に集約されるのはいろんな意味で謙虚にやって行きたいと思います。今日もバントが決まらなかったり、取れるアウトを取っていないのが全部で4つぐらいありますので、それをちゃんとやっていかないと難しいリーグだと痛感しているので、謙虚にやっていきます」

◎立教大・東怜央(4年・福岡大大濠)
「前の打席も2アウトから回してくれたのですが、打てなかったので『次こそは』という気持ちで打席に入りました。打ったのはストレートです。待っていなかったですが、チャンスなので甘い球は一球で仕留めるつもりで打席に入っていました」

◎立教大・宮海土(3年・國學院栃木)
「リードされていましたが、野手陣なら絶対に逆転してくれると思っていたのでこれ以上点差を広げられないように3人で打ち取って、バッティングにいい流れを持って来られるように意識していました。去年よりも自分の意図した中で、ストレートで空振りやファールを取れてカウントを有利に進められていると思います」

◎早稲田大・小宮山悟監督
「3つ目のアウトが思うように取れないというところで、気が抜けたわけではないんでしょうけど残念です。西垣は2アウトを取って気が抜けたわけではないのだろうけど、イニングを閉める3詰めのアウトを真剣に取らないといけないということが勉強になったんじゃないですかね」