フィギュアスケートの平昌五輪銀メダリスト・宇野昌磨が4月23日、プレミアム音声サービス「NowVoice(ナウボイス)」を更新し、横浜アリーナ(横浜市)で開催中の『スターズオンアイス』出演の感想と新プログラムについて語った。

■「新プログラムについてとSOI」の音声は【こちら】から。この投稿は4月24日午前5時まで無料で聴くことができます。

『スターズオンアイス』は羽生結弦、紀平梨花らも出演している世界最高峰のアイスショー。2公演目を終えた宇野は「新プログラムはフリーボレロという形になりました。まだまだ体力も追いついていないところなので、アイスショーでなるべく滑って少しでも自分のものにできたらなと思ってます」と挑戦中の新しいプログラムを紹介した。

複数人で演技をするグループナンバーは、練習が間に合わず初日に披露できなかったことを謝罪。「僕が一番振り付けが多く、僕が覚えが遅いのもあって、夜も日にちまたぐらい皆さんと練習していたんですけれども。どうしてもちゃんとした形で間に合いませんでした」と明かした。一方で「間違いなくこのスターズオンアイスで、僕たちのグループナンバーが一番一生懸命練習していたと思います」と自信も覗かせた。

この日の公演で、宇野は笑顔を浮かべられなかった。「全く笑顔がなかったのは、本当に練習してきたからこそ。凄い緊張して余裕がなかったです」と理由を話す。「色んな疲れを蓄えてしまったのと、うまく調整できなかったなっていう僕のミスかなと思います。でもまた明日からもっといいものをできるように皆さんにお届けできるように頑張っていきたいと思います」と前を向いて意気込んでいた。

■「NowVoice」について
「NowVoice」は、世の中に強い影響力を持つ、アスリートをはじめとした各界のトップランナーの音声が、月額980円(税込)で聴き放題となる定額制のプレミアム音声サービスです。トップランナーの「声」は、何気ない一言でもヒトの人生を変える力があります。トップランナーたちの本音の「声」を直接ユーザーに届けることで、人生をより楽しく、元気に、幸せにする「きっかけ」の創出を目指しています。

サービスURL:https://voice.nowdo.net