J1リーグは10月18日に、各地で第23節の8試合を開催。IAIスタジアム日本平では、清水エスパルス対サガン鳥栖の一戦が行なわれ、土壇場で鳥栖が追いつき1-1のドロー決着となった。

 5連敗中の清水のホームに、4連敗中の鳥栖が乗り込んだ戦い。お互いに連敗脱出に向け、この試合を浮上のきっかけにしたいところ。

 試合は立ち上がりから、鳥栖がセカンドボールをしっかりと回収し猛攻を仕掛ける。両サイドバックの内田裕斗、森下龍矢が高い位置をとり、積極的にサイドから相手ゴールに迫る。

 しかし、ホームチームもカウンターから好機を創出。5分には、鈴木唯人のスルーパスに左サイドの敵陣深くで抜け出したカルリーニョス・ジュニオがシュートを放つも、相手DFの身体を投げ出したブロックに遭う。

 自分たちのペースでボールを動かす鳥栖に対し、清水が身体を張った守備でなんとかしのぐ展開が続く。

 鳥栖は34分にクロスからチョ・ドンゴンがゴール前で受けて左足を振り抜くなど、チアゴ・アウベスとともに2トップが躍動。しかし最後の局面で精度を欠きボールが枠に飛ばず。スコアレスで前半を折り返す。

 防戦一方だった清水は、ハーフタイムにファン・ソッコに代えて、右ウイングバックに奥井諒を投入。攻撃に厚みを加えて先制ゴールを狙う。

 しかし後半もボールを握るのはアウェーチーム。49分に縦パスに反応した小屋松知哉が左サイドの敵陣深くからクロスを供給。これにペナルティエリア中央でT・アウベスが頭で合わせるも、シュートは枠の右に外れてしまう。

 そんななか、先手を取ったのは相手の波状攻撃を抑えていた清水。71分に左CKから西澤健太がふわりとしたクロスをファーサイドに送る。これに反応したヴァウドが競り勝ちヘディングシュートを放つと、相手GKの手をすり抜け貴重な先制点挙げる。

 その後も鳥栖が連動した攻撃から何度も相手ゴールを脅かすと、85分にゴール前の混戦から、途中出場の林大地が押し込み、終了間際に同点弾を奪う。このまま試合は終了。鳥栖が林の今季6点目で、ドローに持ち込んだ。

 この結果、鳥栖も敗戦を免れたとはいえ、両チームともに6試合勝利なしと、お互いに勝点3を掴めない苦しい状況が続いている。

 次戦は、清水が31日にアウェーで柏レイソルと25節、鳥栖は21日に湘南ベルマーレと13節を戦う。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部