日本代表FW大迫勇也(30)=ブレーメン=が27日、ホームの最終節ケルンで先制点を挙げた。前半22分、味方のシュート性のパスを左足でピタリと止め、右足でゴール右に突き刺した。

 2試合連続の今季7得点目。17位のブレーメンはすでに自力残留の可能性が消滅し、この試合に勝ってデュッセルドルフの結果待ちとなる。がけっぷちの1戦で、古巣を相手に貴重な先制点を挙げた。