ドルトムントは残留を望んでいると言われる。だが、イタリアのメディアによると、アシュラフ・ハキミは来季からセリエAで戦うことになるようだ。

『Gazzetta dello Sport』紙や衛星放送『Sky Sport』など、複数のイタリア・メディアは6月26日、インテルがハキミ獲得に近づいていると報じた。

 このモロッコ代表SBは、保有権を持つレアル・マドリーからドルトムントにレンタル中だ。今季はブンデスリーガで5得点、チャンピオンズ・リーグ(CL)で4得点を記録するなど、抜群の攻撃性能を発揮。高い評価を受け、その去就が注目されている。

 そんな人気銘柄を射止めたのが、今季のCLで対戦し、2得点を決められたインテルだという。報道によれば、マドリーとは約4000万ユーロ(約50億円)での取引合意に近づいているそうだ。

 インテルは選手にも約500万ユーロ(約6億3000万円)のサラリーを用意している模様。ロメル・ルカクやクリスティアン・エリクセンに続き、チームで3番手のサラリーとなる。

 もちろん、正式発表を待つ必要はある。だが、電撃的に報じられた大型補強の知らせに、インテルのサポーターは沸いているようだ。インテル専門サイト『Fcinter1908.it』によると、夏にルカクを、冬にエリクセンを獲得してきた“敏腕”ジュゼッペ・マロッタCEOの手腕に対する賛辞がSNSで相次いだ。

「夢じゃないと言ってくれ」
「またマロッタのマスタークラス」
「(夢から)目を覚まさせないでくれ」
「冗談なら心臓発作になる前に言ってくれ」
「信じられない。本当に来るなら、48万2929年ぶりにまともなSBだ」
「(コロナ)危機まっただ中の3月からハキミ交渉。マロッタ、なんというディレクターだ」

 シーズン再開後、コッパ・イタリア準決勝で敗退したインテルは、セリエA前節でも勝点を落とし、優勝が厳しくなった。それだけに、今回のニュースは落胆するファンの士気を高めているようだ。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部