来年2月の高知龍馬マラソンは新型コロナウイルスの感染状況次第で開催する。6月22日の実行委員会で方向性が確認された。

 龍馬マラソンは高知市内を中心に毎年2月に開催されている。今年は新型コロナの感染拡大が本格化する直前の2月16日に開催された。実行委員会によると、来年も2月21日に参加人数やコースを変えずに開催する方向で調整を進める。一方、開催条件として(1)感染状況が安心安全(2)スタッフ・ボランティアの確保(3)必要経費の確保(4)同時期に開催される同規模のマラソン大会の状況を総合的に判断して開催を決めるという。

 開催可否を決定する時期は未定だが、中止を決める時期による影響も示された。11月中旬の場合は参加料を全額返金できるが、募集や委託業務料の費用が発生する。大会2週間前の場合には、開催経費とほぼ同額の費用が発生することなどが報告された。(加藤秀彬)