スペイン1部リーグ、レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督が、24日(日本時間25日早朝)のマジョルカ戦を前にした記者会見で、レアルからマジョルカにレンタル移籍している日本代表MF久保建英について「彼が明日、家にいるのならより良い」と語った。24日のスペイン複数紙が報じている。

 「家にいるのなら…」という発言が、同選手を最大級に評価しているのか、話題作りのリップサービスかの真偽は不明だが、同じ会見でジダン監督は「彼のシーズンは良いものになっていると思う。継続的に試合出場していて、それは彼とクラブが探していたもの。彼は現在と将来を見据えた選手。彼の送っているシーズンを喜んでいる」ともコメント。なお来季の久保の動向に関しては「来年どうするかは今後、見ていくこと。もっと先に決まる」と、現段階ではまだ分からないとしている。