J1鹿島のDF町田浩樹(22)が9日、練習後にオンラインで取材に応じた。リーグ再開初戦が昨季4位の川崎になったことについて「手強い相手。再開の初戦で、そういう(強い)相手を倒すことで勢いがつく。それにふさわしい相手だと思うので楽しみ」と意気込んだ。

 昨季3位の鹿島は、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の出場権を争った強敵との一戦となるが、過剰な意識はない。町田は「今年のうちのサッカーは相手どうこうより、自分たちがどういうサッカーをするかの方が大事」とチームがやるべきことに集中する考えだ。

 鹿島は、練習の中ですでに大きなコートで紅白戦に近い実戦形式も行っているという。「練習の多くはポゼッションで、中断前から変わっていない。その中で高い強度を持ってやっているし、その精度を上げていくだけ」と調整は順調だ。「ピッチ内ではバチバチやっている」と接触プレーも通常通り行っているとし、ピッチ外では、給水ボトルを共有しないことや、選手同士の距離を取るなど感染対策は徹底している。

 まだ、今季の公式戦で白星がないことについて町田は「3試合ともなかなか点が取れず、自分たちのミスから失点して流れをコントロールできなかった。まず自分たちのミスを無くし、質を上げていく」と課題を明確にしている。

 今季のJリーグは変則ルールとなり、降格なしとなっている。ただ「鹿島にいる限り、下を見ていない。降格がある、ないで全く(自分たちのサッカーが)変わることはない」と町田は言い切った。“常勝軍団”が目指すは、タイトル奪還のみだ。