5月28日発売号のサッカーダイジェストで「Jリーグ歴代最強チームはどこだ!?」という特集を組んだ。現役選手や元日本代表など総勢50名に「歴代最強チームのトップ3」をアンケートし、その回答を集計したところ、2位にランクインしたのが1993年のヴェルディ川崎だった(ちなみに、1位は2002年のジュビロ磐田)。

 ヴェルディ推しの回答を見ると、「キラキラした感じで見ていた」(大谷秀和)、「ラモス瑠偉さんを中心に華やかなチーム」(羽生直剛)、「当時のヴェルディのような華やかなチームは後にも先にもない」(福田正博)、「見ていてワクワクした」(坪井慶介)、「真のスター軍団」(加地亮)というように“華のあるチーム”という理由が目立った。

 当時のヴェルディには三浦知良(以下カズ)、ラモス瑠偉、北澤豪、武田修宏、柱谷哲二、都並敏史と日本代表メンバーがズラリと顔を揃え、名実ともにスター軍団だった。Jリーグ元年の1993年、日本に空前のサッカーブームが巻き起こるなか、その主役が当時のヴェルディと言っても過言ではなかった。サッカー少年たちの憧れの的と言い換えてもいいだろう。

 ただ、華やかな部分に目を奪われがちだが、シーズンを通しての戦いぶりは、山あり、谷ありだった。最終的に年間王者に輝く彼らの奮闘がどういうものだったのか。93年のリーグ開幕直前に監督となった松木安太郎に話を訊いてみた。

 前身の読売クラブ時代から勝つことが義務付けられた常勝軍団。そんなチームを率いるのは「凄いプレッシャーだった」という。

「監督として経験を積んだうえで、あの仕事をやれと言われても無理だろうね。むしろ、やりたくない仕事のひとつでしょ(笑)」

 監督経験がないまま松木は35歳という異例の若さで常勝軍団の指揮官になった。

「常勝軍団であると同時に人気チームでもあった。相当注目度が高かったから、僕自身だけではなくチーム全体としてプレッシャーを感じていたよね」

 練習場にはメディアの人間、サッカーファンが殺到。当時は「非公開」という概念もJリーグにはほとんどなかったので、情報は筒抜けだった。そのうえ、人気チームにありがちな“ヴェルディ潰し”にも遭った。

「まあ、いろいろと叩かれたよね。あること、ないこと。“ヴェルディ叩き”は新聞も含めてそれこそたくさんあったよ。(練習場で)すべての手の打ちを明かしているなか、そうした報道のプレッシャーとも戦わないといけない。メディアをコントロールすべき広報も今ほど優秀ではないから。もちろん当時のクラブ広報も頑張っていた。ただ、Jリーグ元年でしょ、過去の経験だけでは到底追いつかない部分があった。マスコミ対策に力を割けるかといえば難しいところもあった。そういう状況だったからね、一番難しい仕事を引き受けちゃったなと。タフじゃないと、あのチームの監督は務まらない。ベテランの監督さんだったら優勝できてなかったんじゃないかな? 僕みたいに、若くて、無謀で、突っ走るタイプのほうが良かったのかもしれない」

 松木の無謀で、突っ走るスタンスをよく表わしたのが当時のチーム作り。コーチにオランダ人のバルコムを指名した松木は、このクラブ伝統の“ブラジル流のサッカー”に欧州的エッセンスを加えようとしたのだ。実際、2ステージ制の第1ステージとなるサントリーシリーズには新たに助っ人としてオランダ人のマイヤーとハンセンが登録されていた。


 しかし、アメリカ・ワールドカップのアジア1次予選を戦っていた代表メンバーの合流も遅れ、チーム作りは思うように進まなかった。

「代表チームに7、8人取られていて、自分が監督に就任したのも結構ギリギリだったからね。いろんな意味で、準備という部分では物足りないところがあった」

 その結果、ヴェルディはスタートから躓く。横浜マリノスとの開幕戦を1-2で落とすと、続くジェフユナイテッド千葉戦も1-2と2試合続けて1点差負け。チームとして機能しているとは言い難く、一部の選手から監督、フロントに対する不満の声が聞かれ、ここぞとばかりにスポーツ紙は「内紛」と騒ぎ立てる。

「確かに選手と意見が対立することもあったけど、とにかく試合に勝つにはどうすべきか、そればかり考えていたよね。とはいえ、当時は中3日で戦っていたわけで、90分で勝負がつかない場合は延長戦(Vゴール方式=先にゴールを決めたチームが勝ち)、PK戦までやっていたんだから、チームの何かを変えるという作業なんてできない。ほぼリカバリーの時間に費やしていた記憶がある。そのなかで僕が重要だと考えたのが(永井秀樹、藤吉信次、阿部良則ら)若手の突き上げ。選手を平等に見る。チームの歯車が上手く回っていなくても、そこだけはブレなかった」

 ブレないと言えば、ヴェルディにも確固たる武器があった。それは、読売クラブ時代から培ってきたプロフェッショナリズムだ。

「とにかくプロとして自分が活躍して、チームを勝利させたいという選手が揃っていたから。フロント、スタッフの人間も勝利に対して貪欲だったし、最高のチームだった。ヴェルディはJリーグができる前からプロフェッショナリズムを持っていたクラブ。読売クラブ時代、僕も現役の時そうだったけど、『いつになったらプロとして戦える時代が来るんだ』って思っていたから。それをずっと心の内に秘めて、Jリーグという舞台に到達したわけだから、そのプライドが簡単に打ち砕かれることはないよね。どこにも負けない、負けてたまるかというプライドがあったからこそ、苦しい時も踏ん張れた」

 サントリーシリーズこそジーコにプロ魂を注入された鹿島アントラーズにステージ優勝を譲るが(ヴェルディは2位)、続くニコスシリーズ(第2ステージ)は新戦力のブラジル人ビスマルクが先発出場した2節のガンバ大阪戦から6連勝。白星を重ねるとチームは自信を取り戻し、エースのカズもゴールを量産するようになった。シーズン序盤のアンバランスさ、さらに不穏な空気も消え、優勝に向かってチームは走り出した。

 8節の清水戦でPK負けを喫したものの、9節の浦和レッドダイヤモンズ戦を6-0でモノにすると、アメリカ・ワールドカップのアジア最終予選を挟んで10節のガンバ大阪戦から破竹の9連勝を飾ったヴェルディは、最終的に16勝2敗でステージ優勝。鹿島とのチャンピオンシップに挑むことになった。<文中敬称略/後編に続く>

【PHOTO】「Jリーグ歴代最強チーム」はどれだ!?|1993年ヴェルディ川崎の特選フォトはこちら!