5月21日(木)発売のワールドサッカーダイジェスト最新号は、「背番号10」の特集です。ブラジルの“キング”ペレが初めて出場した1958年のスウェーデン・ワールドカップで背負い、世界に衝撃を与えるパフォーマンスを披露したときから、サッカーでは10番がエースナンバーとして定着してきました。今回は数々のドラマと議論を生んできたこの「黄金の背番号」に、スポットを当てています。

 巻頭では、ラ・リーガ、プレミアリーグ、セリエA、ブンデスリーガという欧州4大リーグにおける10番の価値や意義などを、それぞれの現地識者が歴史を紐解きながら論じています。加えて、4大リーグは今シーズンの「10番名鑑」も作成。「スター性」、「リーダーシップ」、「勝負強さ」、「チーム内の重要度」、「高度な技術」という5項目を10段階で評価し、各チームの10番を紹介します。

 またメガクラブについては、固定番号制が導入された90年代から誰が背負ってきたのか、いわば「10番の系譜」をシーズンごとの成績と照らし合わせながら紹介。レジェンドや記憶に残る名手はもちろん、失望を残した大物や意外な顔ぶれまで、必見です。
もちろん、代表チームの「ナンバー10」についても掲載。過去のメジャートーナメントで誰が背負い、歴代の担い手がどんな結果を残してきたのか。各国の事情にも触れながら紹介する列強9か国の10番ヒストリーを、レジェンドたちの写真とともにお楽しみください。

 さらに、バルセロナの10番がロナウジーニョからメッシへと引き継がれた当時の経緯やエピソードを伝える番記者レポート、プラティニやジダンが担ってきたフランス栄光の10番をロシアW杯でエムバペが継承するに至った舞台裏を明かす真相レポート、躍進アタランタでナンバー10を纏うアルゼンチン代表MFアレハンドロ・ゴメスの貴重なインタビューなど、充実のラインナップでお届けする総力特集「10番のすべて」を、どうぞご一読ください!

 ジャンボポスターはレアル・マドリーのルカ・モドリッチとマンチェスター・シティのベルナルド・シウバ、レジェンドインタビューは元リバプールMFで現レンジャーズ監督のスティーブン・ジェラードが登場! こちらも必見です。