MGCは、「東京五輪の結果が出ないと本当の成功とはいえない」と陸連の強化委員会マラソン強化・戦略プロジェクトリーダーである瀬古利彦氏は語る。だが、有形無形であらゆる変化、進化を促進してきたことは間違いない。

 マラソン選手は数名のプロ選手以外、基本的には実業団所属だ。長距離選手の強化に実業団が果たす役割は非常に大きいが、MGCはその関係性にも影響を与えつつあるようだ。

――MGCを進めていく中、実業団に変化は見られましたか。

「MGCがスタートしてからは、実業団もマラソン選手を積極的に育てようというところが増えました。MGCが盛り上がって、それに出場することをステイタスだと感じてくれて、すごく応援してくれるようになりましたね。

 実際、MGCの時は企業から応援団が出て、数千人が沿道で応援してくれたんですよ。レース後には、駅伝よりMGCに出したいという声を実業団からもいっぱい聞きました。ホンダ、トヨタからはマラソンでいい選手が出てきていて、あとは旭化成だね。旭化成は駅伝の名門でもあるけど、私はマラソンのチームだと思うので、今回MGCに出場選手がいなかったのはさびしかった」

箱根をマラソンにつなげる指導者の変化。

――学生ランナーに変化はあったでしょうか。箱根駅伝の高速化で選手のレベルが上がり、大学生のうちからマラソンで好タイムを出す選手も増えてきました。

「最近はそうなってきましたよね。箱根駅伝は20キロ以上走るので、間違いなくマラソンの基礎強化になっています。ただ、これまでは箱根駅伝をマラソンの強化につなげようという指導者が少なかったんですよ。箱根駅伝が終わったら、あとは実業団任せみたいな感じで終わっていた。

 でも、原君(晋・青学大監督)や大八木君(弘明・駒沢大監督)、酒井君(俊幸・東洋大監督)を始め、マラソンを見据えて箱根駅伝を考える監督が増えてきた。それが学生の意識にも変化を与えたんだと思います」

日本人のマラソン選手はピークが早い。

――瀬古さんは、学生時代からマラソンを意識していた方がいいという考えですか。

「学生のうちから長い距離に慣れて、大学を卒業してすぐ22?24歳の時期にしっかりマラソンの練習ができる準備をしておかないといけないと思っています。

 マラソンを走る選手のピークは24歳から28歳ぐらいなんですよ。特に日本人は、中学や高校からがっつり陸上やっているので海外の選手と比べてピーク時期も早くくる。ケニアでは本格的に陸上を始めるのは、18歳以降の選手が多くて、だからピークが遅いんですよ。

 日本は陸上をする環境が出来ているんで仕方ないですが、早く来るピークの時にちゃんと活躍するためには学生時代の取り組みが非常に重要です」

「スターの存在は大きいよ」

 MGC最大の成果が日本マラソンのレベルアップだとすれば、副次効果はスター選手がうまれたことだろう。日本記録保持者の大迫傑を始め、MGCでスタートから飛び出してライバルや視聴者の度肝を抜いた設楽悠太、女子では名古屋ウィメンズで風雨の中で美しいフォームで激走した一山麻緒らが、往年の瀬古、高橋尚子、野口みずきらにつづくマラソン界の顔になりつつある。

――短距離界は「顔」がたくさんいますが、マラソン界にもようやくスター性のある選手が出てきました。

「スターの存在は大きいよ。どんなスポーツもスター選手がいないとなかなか広がらないし、みんなでスター選手を作っていかないといけない。

 例えば大迫選手と設楽選手は両極端で、キャラも違うからおもしろい。特に大迫選手はスター性がある。設楽選手は今回マラソンの代表選手にはなれなかったけど、力はあるからね。欲を言えば東京マラソンで大迫選手と競り合ってほしかったなぁ。

 私の見立てでは、設楽選手は大事な試合の前にレースに出過ぎたかもしれないと思う。特に2月の熊本城マラソンでの30キロレースは全力で走っていたのが気になった。これからはひとつひとつのレースを大事にして走ってほしいね」

大迫の独自の活動を応援。

――大迫はレースの開催など、陸上選手育成のための独自の取り組みを始めています。こういうのは初めてだと思うのですが、現役選手がレースを作る土壌はそれまでなかったのですか。

「やっちゃいけない感じだったよね。現役の選手は、大会を開いたりすると忙しくなって走れないだろうと……。ある意味、余計なことだったんですよ。

 そういう中で、大迫選手はプロだし、28歳という年齢を考えて今後のことを考えるようになったと思うんです。若い人が新しい取り組みを見せることは悪いことじゃない。マスコミにマラソンが取り上げられて、注目してもらえるといいし、我々も負けないようにやっていきたいですね」

 大迫が学生や若い人たちにチャンスを与える意味でレースを開催したり、ケニアで強化育成拠点を作ろうと考えているのは、自身の力を踏まえつつ、世界との距離があまりにも離れており、これからは世界と戦える選手を輩出していきたいという思いがあるからだろう。

 実際、マラソンの世界記録はエリウド・キプチョゲ(ケニア)の2時間1分39秒だ。勝負はやってみないと分からないとはいえ、現実の世界は絶望的に遠い。

メダルについて現実的な可能性は?

――東京五輪まで1年ありますが、メダル獲得の可能性について瀬古さんは、どう考えていますか。

「うーんハッキリ言ってしまえば、男子は世界との差があり過ぎて、常識的に考えるとメダルを獲るのは難しいと思います。メダルが取れたら嬉しいけど現実的には入賞を目指していく。そのためには、30キロからのペースアップにどれだけ耐えられるかでしょう。そういう練習を1年続けていかないといけない。

 女子は、男子よりも可能性があります。ブリジット・コスゲイ(ケニア)が2時間14分04秒で1人だけ抜けているけど、あとの選手は17分、18分台ですからね。一山選手は、そのくらいの力は十分に持っているし、前田選手もMGCでの走りを本番でもできたら十分にいけるんじゃないかなって思っています」

若い選手には早くからマラソンを。

――名古屋の時に一山選手を絶賛していましたが、いま一番メダルに近い選手ですか。

「一山選手の能力は本当に高いと思いますよ。あの風雨の中で、2時間20分29秒だからね。もし普通の天気だったら1分半は縮めることができたと思う。これからシューズがフィットしてくるともっとタイムが伸びて、あと3分は縮められる。まだ22歳だし、ピークが27、28歳としてもまだ5年はあるから、次の五輪ではもっと強くなるでしょう」

――たしかに22歳は、従来のマラソンの年齢でいうとだいぶ若いですね。

「今はそのくらいでやってもいいし、やれるんですよ。だから若い選手には早くマラソンをやりなさいっていうんです。一山選手は相澤選手(晃・旭化成)と同じ22歳。強い選手が揃う、いわゆる相澤世代だからね(笑)」

――その「相澤世代」の相澤については。

「彼もいいね。一山選手の男子版ですよ。腰高で膝が高くて、きれいな走りをしているところがすごく似ている。しかも、2人とも厚底シューズが合っているので、これから練習していったらさらに強くなる。

 だから、相澤選手には早くマラソンをやってほしい。彼みたいな走りを詰めていった先に、2時間2分台、3分台はあると思う。これから日本のマラソン界のため、そして旭化成の救世主になるように頑張ってほしいね」

MGCはマラソンを応援してもらう入り口。

――スター選手が出てきて、次世代の選手たちも出てきました。瀬古さんが次に考えていることは、どんなことですか。

「MGCをやって、マラソンってこんなに面白いんですねっていう声をたくさんもらったんですよ。我々は自分たちの業界で自己満足するんじゃなく、みなさんに楽しんでもらって、マラソン選手になりたいなとか、そういう夢や影響を与えていかないといけない。

 MGCはそういう役割を果たせたと思うし、こういうのが4年に1回あってもいい。みなさんにマラソンを応援してもらう環境作りをして、これからもマラソンの味方をいっぱい作っていきたいですね」

 MGCでマラソンブームに火が付き、ランニング人気は活況だ。来年、東京五輪でメダルや入賞者が出ればさらに人気が出るだろうし、マラソンに移行するエリートランナーが増え、国民的なスポーツに進化していく可能性がある。日本スポーツ界におけるマラソンの復権。それも瀬古氏の狙いのひとつであるような気がする。

(「オリンピックPRESS」佐藤俊 = 文)