22日に行われた第2回スピードジャパンカップ。女子は伊藤ふたば(TEAM au)がボルダリングジャパンカップに続いてスピードも制し、2冠を達成した。

既に東京五輪代表が決まっている野口啓代(TEAM au)は4位。男子はジュニア日本記録保持者の土肥圭太(19)が決勝で楢﨑智亜(TEAM au)を抑えて初優勝を飾った。

<男子決勝リザルト>
1位:土肥 圭太(鹿児島県山岳・スポーツクライミング連盟)/6.734秒
2位:楢崎 智亜(TEAM au)/7.328秒
3位:竹田 創(仙台城南高等学校)/6.898秒
4位:今泉 結太(日本ウェルネススポーツ大学)/7.012秒

<女子決勝リザルト>
1位:伊藤 ふたば(TEAM au)/8.993秒
2位:倉 菜々子(ウィルスタッフ)/9.157秒
3位:野中 生萌(XFLAG)/9.094秒
4位:野口 啓代(TEAM au)/9.704秒