9日、駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場でボルダリングジャパンカップ2020の決勝が行われた。午前中に行われた準決勝を突破した男女各6名が決勝の舞台へと駒を進めた。 

女子は準決勝を首位で通過した伊藤ふたばが制した。第3課題で他の選手が苦しむ中、伊藤がただ一人完登。第4課題は3度目のトライで完登し、野口啓代、野中生萌らを抑え、2年ぶり2回目の優勝を果たした。伊藤は「久しぶりの優勝で嬉しい。得意だと感じた課題を登りきれたのが良かった。」と笑顔を見せた。 

大接戦となった男子決勝は原田海が悲願の初優勝。第2課題で唯一の完登を果たし、完登で優勝が決まる第4課題でも完登で締めた。準優勝の楢﨑智亜は1ゾーン届かず、惜しくも優勝を逃した。原田は「素直に嬉しい。応援が力になった。」と喜びを噛み締めていた。 

【ボルダリングジャパンカップ決勝結果詳細】 

<男子> 
1位 原田海       2T4z(5)(6) 
2位 楢﨑智亜  2T3z(4)(3) 
3位 井上祐二  1T3z(6)(9) 
4位 川又玲瑛  1T2z(2)(5) 
5位 小西桂   1T2z(7)(7) 
6位 佐野大輝  0T1z(0)(6) 

<女子> 
1位 伊藤ふたば 3T4z(6)(9) 
2位 野口啓代  3T3z(4)(4) 
3位 野中生萌  2T3z(3)(3) 
4位 森秋彩   2T2z(3)(3) 
5位 谷井菜月  0T2z(0)(3) 
6位 松藤藍夢  0T2z(0)(6)