東京五輪組織委員会は19日、札幌市で行われる東京五輪のマラソンコースの未定部分について、札幌市中心部の約10キロのコースを2周するルートで実施することを発表した。 

IOC、世界陸上競技連盟、東京五輪組織委員会の3者は、今月4日に競技日程や会場、前半20キロのコースの設定に合意していた。しかしコースの後半については、組織委員会の20キロを2周する案と世界陸連の7キロを3周する案で対立していた。14日に行われた担当者の現地視察を受けて、前半コースを活用した10キロを2周する「変則3周コース」の折衷案で落ち着く形となった。 

マラソンは女子が8月8日、男子が8月9日、いずれも午前7時にスタートする。 

10月に持ち上がった東京から札幌への開催案はひとまず決着を迎えた形になり、これから準備を本格化させていくことになる。 

文・スポーツブル編集部