写真:左から水谷隼、石川佳純、平野美宇/提供:左のみラリーズ編集部撮影、残りはittfworld提供

<ITTFワールドツアー・グランドファイナル 2019年12月12日~12月15日>

今シーズンのワールドツアーを締めくくる、グランドファイナルが12日に開幕する。日本選手にとっては東京五輪代表枠をかけた最後の大会でもあるため、これまで以上に熱く、緊張感のある試合が増えることが予想される。今回は、そんなグランドファイナルのシングルスの見どころを紹介する。

日本男子シングルスの見どころ

組み合わせ

パトリック・フランツィスカ(ドイツ)ー 張本智和
ウーゴ・カルデラノ(ブラジル) ー 水谷隼

日本男子からシングルスには、男子は張本智和(木下グループ)と水谷隼(木下グループ)が出場する。




写真:2019男子ワールドカップの張本智和/提供:ittfworld

張本は昨年のグランドファイナルで、ウーゴ・カルデラノ(ブラジル)、林高遠(リンガオユエン・中国)といった並み居る強敵を撃破して、史上最年少優勝を果たした。決勝の林高遠戦で、2本連続で強烈なチキータを決めて勝利したシーンは、多くの卓球ファンの脳裏に今もなお焼き付いていることだろう。 

そんな張本は今シーズンも安定した成績を残し、現在世界ランキングは5位。先日行われた男子ワールドカップでも、準決勝で馬龍(マロン・中国)を破ってワールドカップ日本人最高位の2位に輝いたばかりだ。

張本の初戦の相手は、パトリック・フランツィスカ(ドイツ)に決まった。直近の対戦は11月のチームワールドカップで、そのときは3-1で張本が勝利している。しかし、スコア以上に競った場面が多く、辛くも勝利したという内容だった。初戦から決して油断できない相手だが、ディフェンディングチャンピオンとして、まずは初戦を突破して、その後の上位進出が期待される。




写真:T2ダイヤモンドシンガポール大会の水谷隼/撮影:ラリーズ編集部

水谷は初戦、ウーゴ・カルデラノと激突する。カルデラノは現在世界ランキング6位。今シーズン水谷はカルデラノとの対戦がないため、相性の良し悪しの判断が難しい。しかし、五輪代表の座を勝ち取るためにも、この初戦は絶対に負けられない。ここを突破し、勢いをつけられるか。

日本女子シングルス見どころ

組み合わせ

平野美宇 ー 王藝迪(ワンイーディー・中国)
石川佳純 ー 劉詩雯(リュウスーウェン・中国)
丁寧(ディンニン・中国) ー 佐藤瞳
鄭怡静(チェンイーチン・チャイニーズタイペイ) ー 伊藤美誠

女子シングルスは伊藤美誠(スターツ)、石川佳純(全農)、平野美宇(日本生命)、佐藤瞳(ミキハウス)が出場する。




写真:2019チームワールドカップの伊藤美誠/提供:ittfworld

女子では第2シードで出場する伊藤美誠に注目したい。今シーズンは前半戦こそ苦戦したものの、後半に入ってからは試合を重ねるごとに調子を上げ、10月のドイツオープン準優勝を皮切りに、11月のオーストリアオープン優勝、T2ダイヤモンドシンガポール大会準優勝など、大きな結果を残してきた。

そんな伊藤は、初戦で鄭怡静(チェンイーチン・チャイニーズタイペイ)と対戦する。伊藤は昨年のグランドファイナルの初戦でも鄭怡静と対戦し、フルゲームの末破れており、この試合は昨年のリベンジマッチとなる。ここを突破して勝ち進み、狙うは優勝だ。




写真:T2ダイヤモンドシンガポール大会の石川佳純/撮影:ラリーズ編集部

石川は劉詩雯(リュウスーウェン・中国)と対戦する。2019年ワールドカップ王者の劉詩雯は強敵だが、ノースアメリカンオープン優勝の勢いを味方に、初戦突破を目指す。




写真:2019チームワールドカップの平野美宇/提供:ittfworld

平野は王藝迪(ワンイーディ・中国)と対戦する。王藝迪は香港オープン覇者の実力者。難しい試合になるだろうが、石川と五輪代表の座を争う平野にとって、勝利が必須条件となる。

また、佐藤は丁寧(ディンニン・中国)との戦いとなる。今年のジャパンオープンでは4-2で佐藤が勝利しており、世界ランキング的には丁寧が上だが、今回も勝利を掴めるか。

東京五輪シングルス枠の争いは?

水谷隼、ラストチャンスを掴めるか

丹羽孝希(スヴェンソン)との熾烈な五輪代表争いの渦中にいる水谷にとって、成績如何で代表選考基準を満たせるかどうかが決まる。現在、ポイントは丹羽が500ptほど上回っているため、水谷は丹羽のポイントを上回るためには、今大会でベスト4以上に進出する必要がある。

石川、平野 勝ち進んだ方が五輪へ

石川と平野の五輪代表争いも熾烈を極めている。先日行われたノースアメリカンオープンの決勝で、石川が平野を破って優勝したことで、ポイントは現在石川がわずかにリードした状態になっている。

そして、両者ともグランドファイナルに出場するため、シングルスでより上位へ進出した方が選考基準を満たすことになる。両者の成績が同じ場合は、石川が選考基準を満たす。

世界のトップが集うグランドファイナル。最後まで目が離せない。

文:ラリーズ編集部