早稲田大学 6 - 4 慶應義塾大学
勝:徳山 敗:森田晃
本塁打:なし

 

慶大は「全勝優勝」がかかるこの試合。早大は意地を見せることができるか。
先発のマウンドには、早大・徳山(②大阪桐蔭)、慶大・森田晃(②慶應)が上がる。

1回表、先頭の田口(④早稲田実)が出塁すると中川卓(①大阪桐蔭)も続き先制に成功する。さらに連打でチャンスを作ると、瀧澤(③山梨学院)の犠飛、檜村(④木更津総合)のタイムリーで慶大・森田晃を攻め立てる。

2回以降の森田晃は、ランナーを出しながらも粘りを見せ追加点を与えない。
一方の早大・徳山は初回から力のあるストレートで慶大打線を封じる。

5回表、早大は1死2・3塁のチャンスを作ると代打・佐藤純(④早稲田実)の打球が慶大のエラーを誘い追加点をあげる。

追いつきたい慶大だが、好投を続ける徳山の前になかなか一本が出ない。

反撃に出たい慶大は、1死満塁から早大のエラーもあり2点を返す。

8回表の早大、1死1塁から途中出場の蛭間(①浦和学院)がレフト線を破るタイムリーツーベースヒットを放ち貴重な追加点をあげる。

離された慶大だったが、連続四球でチャンスを作ると押し出しの四球、正木(②慶應)の犠牲フライで2点差とする。

9回裏の慶大は先頭のランナーを出すも、後が続かず試合終了。

早大が意地を見せ早大の連勝を止め、第3戦へと持ち込んだ。
敗れた慶大は最後まで粘るもあと一本が出ず敗れた。