明治大学 5 - 5 立教大学
本塁打:明大・喜多(④広陵)2号(1回)/立大・江藤(④東海大菅生)1号(6回)、三井(③大阪桐蔭)1号(9回)、柴田(①札幌一)1号(9回)

 

立大・田中誠(④大阪桐蔭)、明大は森下(④大分商)のエース対決となったこの試合。

1回表、明大は喜多(④広陵)が先生となる満塁ホームランを放つ。さらに打線が続き原田(①日本航空石)のタイムリーツーベースヒットでこの回一挙5点を追加する。

得点をとりたい立大は、森下の前になかなか出塁することができない。

6回裏の立大、明大の失策も絡みチャンスを作ると5番・江藤(④東海大菅生)がスリーランホームランを放ち反撃に出る。

7回以降は、明大・立大共にチャンスを作るも投手陣が粘りを見せる。

9回裏、立大は三井(③大阪桐蔭)のソロホームランで1点差にすると、代打・柴田(①札幌一)もホームランを放ち同点とし、延長戦へ突入する。
延長戦に入ると、両投手陣の好投で得点を許さず緊迫した展開となる。

両エースが登板したこの試合は、合わせて4本のホームランが飛び出すなど打撃陣が奮起し、引き分けで試合終了となった。