ニック・キリオス(オーストラリア)の愛車ダッジ・チャレンジャー SRT デーモンが交通事故に遭ったと、英ウェブメディア Essentially Sportsが報じた。オーストラリア国内に4台しかないという30万オーストラリアドル(約2195万円)の彼の車は、道路脇のポールに衝突し、車体の左側が潰れてしまったとのことだ。

事故現場では、かなりショックを受けた状態で警察の事情聴取を受けるキリオスの姿が目撃されている。豪紙Daily Telegraphによると、事故当時キリオス本人は運転していなかったが、同乗していたか否かも不明と現地警察は発表している。事故車の破損状態も、現段階では発表されていない。

オーストラリア連邦警察・首都特別地域の報道官は、現地警察官によって不注意運転による違反切符が発行されていると発表。また、キリオスの同行者5人は、事故現場で写真を撮影した人物にその写真の削除を求めているとのことだ。

現在、鎖骨を痛めたことによりツアーを離脱中のキリオス。幸いなことに、今回の事故での怪我はなかった。他にも怪我人はいなかったと報告されている。

キリオスは、今年8月の「ATP1000 シンシナティ」2回戦、カレン・ハチャノフ(ロシア)戦においての一連のスポーツマンらしからぬ行動に対し、9月にATPより2万5000米ドル(約270万円)の罰金と16週間の出場停止を命ぜられた。しかしその処分には6カ月の保護観察期間が与えられており、キリオスがその期間中、罰金につながるようなスポーツマンらしからぬ行為でコードバイオレーションを取られることなく、トーナメントにはメンタルコーチを帯同させるなどの条件を満たせば解除されることとなっている。

(テニスデイリー編集部)

※為替レートは2019年10月16日時点

※写真はニック・キリオス(Photo by Brendon Thorne/Getty Images)