松田宣が右中間を破る2点打

西武 – ソフトバンク(CS・9日・メットライフ)

 パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージが9日に開幕し、ソフトバンクが初回に松田宣の2点二塁打で先制した。

 ソフトバンクは初回、1死から今宮の三塁線へのボテボテのゴロが内野安打となり、続く柳田が中前打。デスパイネの中飛で今宮が三塁に進んで2死一、三塁となると、松田宣が右中間を破るを二塁打を放ち、柳田まで一気に生還した。

 松田宣はこの試合からスタメン復帰。工藤監督の期待に応え、レギュラーシーズン11連勝を飾った西武先発ニールから先制点をもぎ取った。(Full-Count編集部)