日本野球機構(NPB)の理事会と12球団による実行委員会が8日、都内で行われた。

 実行委員会では出場機会の少ない選手を対象とした「現役ドラフト」についても議論された。早期実施を求める選手会との事務折衝などで交渉を重ねてきたが、出席者の1人は「来年は変則日程なので、現実的にはなかなか難しいのではないかという議論はされている」と来季からの導入に否定的な見解。

 実施時期や対象人数について井原事務局長は「まだこれから。いろんな意見がある」と話しており、12球団による合意形成にもまだ時間を要しそうだ。