3度のトリプル3を達成したヤクルト山田哲は「日本のマイク・トラウト」

 大谷翔平、ダルビッシュ有、田中将大、前田健太らが今季も活躍を見せた日本人メジャーリーガー。イチロー氏の引退により野手(二刀流を省く)はいなくなったが、米データ専門メディア「スポーツ・インフォ・ソリューションズ」はNPB所属の4人の日本人選手に注目。ヤクルトの山田哲人内野手、西武の秋山翔吾外野手、DeNAの筒香嘉智外野手、広島の菊池涼介内野手を「MLBから注目される可能性がかなり高いNPB選手たち」と特集し、各選手たちについて伝えている。

 まずはヤクルトの山田哲人。2年連続、そして3度のトリプルスリー(3割30本30盗塁)を達成するなど球界を代表する内野手について、記事では「ヤマダは度々“日本のマイク・トラウト”と呼ばれている」と言及。エンゼルスの天才スラッガーの名前を出しながら「打線の中核をなすほどの攻撃の脅威という特徴があり、平均以上の守備力も備えている」と評価している。

 今季は142試合に出場し打率.271と3割をクリアできなかったが、35本塁打、98打点、33盗塁をマーク。特に注目している部分には「打撃力と走力を兼備している」とし、「平均以上のパワー」も備わっていると伝えた。順調にいけば来シーズンに国内FA権を取得する予定で、仮に今オフにメジャー移籍を実現させようとなれば、ポスティングシステム(入札制度)の利用が必要となる。

 今オフの動向に注目が集まっている西武秋山も登場する。海外FA権を取得している巧打の外野手について「MLB球団にとってまさしく今、注目する名前だ」と言及。秋山は今季143試合に出場し、自身4度目、3年連続の打率3割(.303)、20本塁打、62打点、12盗塁を記録。通算出塁率.376とリードオフマンとしてチームを牽引する秋山を「先発外野手としての武器を備えている」と評価している。

 記事では、西武が契約延長のオファーをしたことに言及しつつも、秋山の武器である高い出塁率、そして堅実なパワー&守備力をもってすれば、メジャーリーグでも「先発の座を確保できるだろう」と、そのポテンシャルの高さを絶賛している。

筒香は「洗練された打者」、菊池涼は「日本で一流の守備をする選手の一人」

 日本の4番としても活躍するDeNA筒香も注目株だ。NPB通算205本塁打、長打率.528をマークしている長距離砲について、記事では「MLB球団にとって即座に貢献できる選手だと、長きに渡って目されている。彼のスイングを見れば、その理由もお分かりだろう」とレポート。シーズン終盤に怪我もあり、今季は131試合に出場し打率.272、29本塁打、79打点に終わったが、巧みなバットコントロールに脅威のバットスピードを兼ね備える姿に「無駄な動きがなく、彼は間違いなくNPBの選手の中で最も洗練された打者である」と絶賛している。

 唯一の難点としては「彼の価値を限定してしまう守備の問題もある」として“守備力”を挙げ、内外野を守ることができるが、走力に関しては「平均を遥かに下回る」と指摘。今季は三塁としても起用されたが「長期的にそのポジションで成功を収めるために必要な“反射神経”が彼には足りていない」と課題を挙げ、「最終的にポスティング市場に行きつく場合、指名打者や一塁手のタイプの選手として計算されるべき」と分析している。

 そして、最後に紹介されているのは圧倒的な守備力を誇る広島の菊池涼だ。2014年に535補殺のNPB記録をマークし、同年の日米野球ではメジャーリーガーが称賛する守備を見せつけるなど評価は高く、記事では「キクチは日本で一流の守備をする選手の一人だ」と称賛している。一方で「肩の強さに欠ける」とも言及し、「遊撃手としても問題ないだろうが、彼が最もフィットするのは二塁手のレギュラーだろう」と二塁手としての能力を評価。打撃に関しては「わずかに平均以上の打者」と、絶賛されている守備力に比べるとやや物足りない評価となっている。

 菊池涼自身がメジャーへ興味を示していることにも言及しながら「彼は打撃で貢献するにはパワーに欠けているが、二塁手としての守備の貢献度を活かせる球団もある」と、メジャーでも通用する可能性があることを伝えている。

 この中から、海を渡る選手は何人出てくるのか。日本人野手のスターが誕生することに期待したいところだ。(Full-Count編集部)