背後からスッと忍び寄り、ボールを奪っては味方の攻撃につなげる。チームの攻撃力を最大限に引き出すポジショニングとフリーランニング。そして、素早い攻守の切り替え。

 清水エスパルスの金子翔太のプレーはまさに神出鬼没だ。さらに、そのプレーには深く組み込まれた彼の明確な意図が備わっていた。

 J1第27節、清水はアウェイで湘南ベルマーレと対戦。湘南とは勝ち点差わずか1。お互いに残留に向けて絶対に負けられない一戦で、金子の効果的なプレーは6-0の大勝を引き寄せた。

 25分、金子は右サイドでMF六平光成からボールを受け、DFを背負いながら縦パスを引き出し、インサイドに走りこんできた右サイドバックのエウシーニョに正確にボールを落とした。エウシーニョはそのままゴール前までボールを持ち込み、MF西澤健太とのワンツーからゴールを奪う。金子は先制点の起点となった。

 さらに3-0とリードして迎えた前半アディショナルタイム。右サイドにいた金子はエンドライン深くのスペースに走り込んだMF竹内涼に針に糸を通すような鋭いスルーパスを送る。これを竹内がダイレクトで折り返し、最後は好調の西澤が豪快にゴールへ蹴り込んだ。

アシストにつながったプレス。

 金子の素早い攻守の切り替えが際立ったのは5点目のシーンだ。最終ラインでボールを持った湘南CB坂圭祐に対し、背後から猛然とプレスをかけ、FWドウグラスのゴールを呼び込んだ。このプレーには明確な狙いがあったという。

「彼(坂)は運ぶのが上手い選手なので、単にボールを奪うプレスではなく、(あえて)前に運ばせるように斜めに追いかけ、わざとドリブルで運ばせて、そこをスライディングで突くことを狙ってました」

 その際、金子の視線の先にはフリーになっていたドウグラスの姿が見えた。

「巻き込むように強めにボールをつつくことで、ドウグラスまで届くと思った」

 体をうまくねじらせながらボールを押し出し、カットしたボールはそのままドウグラスのもとへ渡った。金子はその後も抜け目なく、すぐに起き上がってファーサイドに走り込んだ。ドウグラスのシュートは決まったものの、折り返しを受けられるポジションニング、かつシュートがGKに弾かれても最後に詰められる位置にいた。

「前半も(湘南の)菊地(俊介)選手から奪ったように、高い位置で相手からボールを奪うことは昨年からやっていたことなので、そこを出せて良かった」

 まさにイメージ通りのアシスト。自身のゴールこそなかったが、攻守において抜群の存在感を放った金子は3点に絡む活躍を見せた。

昨季は10点、今季はまだ1点。

「自分の中で、『今、エスパルスで一番ゴールを取りたいのは誰?』と聞かれたら『僕です』と迷いなく答えられます。それだけ得点には強い思いがあります。ですが、その中でもチームが勝つ、円滑に回るプレーをしないといけないと思っています」

 昨季はキャリアハイとなる10ゴールを挙げ、ポイントゲッターとなったが、今年は未だ1ゴール。

 この数字の落差だけを見たら、「活躍していない」とみなされてしまうかもしれない。だが、彼は昨季とは異なる形で「いなくてはいけない存在」になっている。

 ここに至るまで、金子は大きな葛藤を抱えていた。周りだけではなく、昨季マークした10ゴールが自分自身に大きなプレッシャーを与えていた。

不完全燃焼の試合が続く日々。

「ゴールが欲しい。これは本音です。チームが勝てたとしても(自分の)ゴールがない。チームのためと言い聞かせていたけど、本能的には(ゴールを)欲していたんです。知人から『試合後の場内一周で勝ったときでも楽しそうな顔をしていない』と言われたくらいでした。やっぱり昨年10ゴールで今年1ゴールは本当に情けない気持ちになります。

 今年も開幕からスタメンで出場し続けることができているんですが、なかなかゴールに絡むことができなかった。(ヤン・)ヨンソン監督から篠田(善之)監督に代わったことで、結果を出せていない選手が使ってもらえなくなるのは当たり前。ハーフタイムで交代(第17節サガン鳥栖戦と第23節北海道コンサドーレ札幌戦)する試合や、スタメンを外される試合も出てくるのは理解していました。ずっと自分の中で不完全燃焼の試合が続いていて、正直悩んでいました」

エウシーニョ加入で変わった役割。

 昨季と今季の決定的な違いは、右サイドの役回りが大きく変わったことにある。

 昨季のチームは左サイドからの仕掛けが中心で、金子がいる右サイドはフィニッシャーの役割を担っていた。そのため常にゴールに近い位置にポジションを取ることができた。それに左サイドが相手DFの注意を引きつけることで、金子は裏のスペースや背後を取りやすい環境だったのだ。

 しかし、今季は川崎フロンターレからDFエウシーニョが加入したことで、状況は一変。エウシーニョはドリブルでボールを運ぶことを得意とし、サイドバックながら積極的に相手陣地の深いエリアまで仕掛けていく。第5節の湘南戦からスタメンに定着すると、チームの中で彼の攻撃力を生かすというオプションが増えた。

「ビルドアップでは、右サイドバックのエウシーニョが中にドリブルで運んでいくことが好きなので、右サイドハーフの僕は基本的に幅を取る動きをする。相手のサイドバックの裏を狙って幅を取ったとき、相手が僕の進路コースを切ってきたら、エウシーニョが中にドリブルをして相手のプレッシャーを剥がす。そうなると、ラストプレーはサイドにいる僕を使ってクロスボールを送るか、そのままDFを右サイド側に引きつけた状態で逆サイドに出すことが多い。そうなると、必然的に左サイドの選手のゴールが増えていると感じます」

左サイドで得点を重ねる西澤。

 金子の分析通り、昨季は右サイドの金子が10ゴールに対し、左サイドハーフを務めたMF石毛秀樹は2ゴール、鹿島アントラーズにMF移籍した白崎凌兵も1ゴール(もう1ゴールはトップ下として出場した時のもの)。今季は金子が1ゴールなのに対し、左サイドで出場機会を増やしている西澤が湘南戦を含めて計7ゴール。まさに昨年とは真逆の構図となっている。

「まさに逆転現象ですよね。右サイドで幅を取っていると、必然的にゴール前に行くのも遅れてしまうんです。昨年は松原からのクロスで2点くらいゴールを奪えましたが、今年はそういうシーンもない。

 それにエウシーニョが仕掛けた時に、もし奪われてしまったら、彼が前に出たことで空いたスペースは僕がカバーをしなければいけない。カウンターからの失点はチームとしてやってはいけないことなので、リスクマネジメントをしながらのプレーをしています」

絶対にJ2に落としてはいけない。

 ゴールを奪いに行きたいが、チーム全体のことを考えると、自分が余計なエゴを出すべきではない。あくまでチームの勝利のために何ができるかを優先的に考えている。純粋に点を取りたいという気持ちの狭間で彼は大いに苦しんだ。

「シーズンも終盤に差し掛かり、チームが降格圏に近い順位にいるので、1つでも多くの勝ち点を取るということが大事。徐々に自分のやるべきことがはっきりしてきたんです。絶対にこのチームをJ2に落としてはいけない。その気持ちがどんどん強くなっていった」

 葛藤の末に、自分がやるべきことを割り切れるようになっていた。だからこそ、3試合ぶりにスタメン復帰した第26節名古屋グランパス戦、そして湘南戦と2試合続けてアシストをマークできたのだろう。

チームプレーに徹した名古屋戦。

「名古屋戦で変わりました。スタメンを外れた時に気づいたんです。僕は今年、数字に固執してしまっていた。もちろんゴールは欲しいけど、ゴールに固執する心を思い切って捨てて、『今年はそういうシーズンなんだ』と割り切ってやろうと思ったんです。自分のプレーに対し、チームの勝利の方にフォーカスして、ゴールに固執する自分を解放しようとしたのが名古屋戦でした。

 そこでアシストができて、天皇杯のジュビロ磐田戦でも悪くないプレーができたし、湘南戦でもアシストや起点となるプレーができた。昨年のパフォーマンスにようやく近づいてきた気がするんです」

 もちろん、ゴールを諦めたわけではない。だが、それを冷静なもう1人の自分がコントロールすることで、自らのプレーのリミッターを外すことができた。すると、「重い鎖が取れたような感覚だった」と語ったように、精神的にも肉体的にも軽くなった。

葛藤を抜けた先に見えるゴール。

「すべてにおいて黒子に徹するつもりはありませんが、チームのために全力を尽くした上でゴールを目指そうと。気が利くとか、セカンドボールの回収とか、チームがきついときにマイボールにするとか、『このプレー大事だな』という作業をこなしながら、ゴールを狙う。そう割り切ったらこの3試合で、逆にゴールに近づく感触を掴むことができた

 次節以降はやるべきことを継続して、ただ闇雲にゴールに迫るのではなく、時間差をつけたり、うまく相手の視野から消えていければゴールは奪える。そうすれば2ゴール目は見えてくると思います」

 葛藤を抜けた先には前進しかない。自分を抑え込んでいた重い鎖を解いた男の真骨頂はまさにここから始まる。すべては清水をJ1に残し、1つでも上の順位に導くために。

(「“ユース教授”のサッカージャーナル」安藤隆人 = 文)